俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

SLの解体工事春の虹

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今回はSLを使った儚いな俳句を考えました。
かつては陸路での物資の運搬や人を運ぶのに日本のみならず、外国でもSLが現役でした。
でも今では、ディーゼルさらに進んで、新幹線になりますが、超伝導までいきました。
そこでSLが時代の進歩や環境問題からお払い箱になり、運が良ければ形そのまま博物館や記念館で展示品になったりしますが、それ以外は金属の再利用目的で解体される春の儚いシーンをイメージし句にしました。
最初は[SLの走る蝦夷地や儚いな]
と考えましたが、SLは走る乗り物ですので中七の走るは不要と感じやめました。
春の虹の綺麗ではあるがやがて消える儚さがSLの儚ない運命と重なりましたので季語にしました。

最新の添削

行く春や展示のSLはじっと

回答者 幸福来々

『行く春』の句のコメントありがとうございます

以前から存じ上げてます。
句にコメントをとのことでしたが、カイさんの句柄は全般的に事実と季語を取り合わせてることが多く、句だけみるとカイさんがその事実をどう思ってるかわからないので、どう読んでいいかがわからないのが、率直な感想です。
なので、改作になりそうで具体的な指摘が難しいです。

重箱の隅をつつくようで恐縮ですが、『SLの解体工事』は、儚いというよりも盛者必衰感の方が強いかなと思います。

なので、それこそ取り合わせる季語は「行く春」なんてどうでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「SLの解体工事春の虹」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

カイさん、いつもありがとうございます!
今でも北関東などでSLは現役ですが、消えたレガシーですよね。
御句のままでも取り合わせとして中々良いですが、直す前のニュアンスを含めて添削してみました(儚いという感想は読み手に委ねましょう)。

・廃線の蝦夷SLや春の虹
・春の虹蝦夷にSL駆けた日よ

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天の落とす電線落ちぬよう

作者名 やい言えよ 回答数 : 4

投稿日時:

朝と声掛けて蠢く布団剥ぐ

作者名 ささゆみ 回答数 : 4

投稿日時:

双子座に眼をこらす人着膨れて

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『SLの解体工事春の虹』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ