俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

突きざりし受け皿のなき心太

作者 葉月庵郁斗  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

突いてしまったの方がしっくりくるかも?
変更しました。
俳句で時事ネタや社会の批判は
コメントしにくいとは思いますが
お気遣いなくよろしくお願いします。

最新の添削

「突きざりし受け皿のなき心太」の批評

回答者 イサク

再訪です。
俳句での表現チャレンジは、勉強しながらいろいろやってみれば良いと思うのです。
控える必要はないですよ?
私がついつい辛口でコメントしちゃうかもですが(笑)
お試ししながら楽しめばよいと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「突きざりし受け皿のなき心太」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんばんわ。

チャレンジはいいですね。ただ、「突きざりし」はちょっと意味がわからなくなりました。「突きざりし」文法的にもめちゃくちゃなような。

「突かざりし」なら文法的には合ってますが、意味が。。
「ざり」→「ざる」(〜しない)の連用形
「し」→「き」(過去)の連体形
なので、「突かざりし受け皿」は、「???が、突くことがなかった受け皿」という意味になりますが、かなり意味不明です。。

コメントみたら「突いてしまった」と言いたいと。。全くそうはなってないです。この語順ではそもそもそうはできないですね。突く対象は心太なので、離れちゃっているとわかりにくいのもある。

元の、「突いたとて受け皿のなき心太」は意味がちゃんと通ってます。ただ、形的に一物仕立てなので「心太」というものは、ついたとて受け皿がないのだ。という意味に見えて若干混乱します。(言いたいことは、今目の前のこの心太には、受け皿がないんだよということだ→それがそれぞれの暗喩になっている というのはしばらくしてわかります)

受け皿もなく突かれたる心太
(突くも受け身にして、心太を主語にして自分を消したほうが意味が通りやすいかと。こうすると、心太というものは、にならず今この心太が、となります。)

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「突きざりし受け皿のなき心太」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

コメント必読の場合は、前の句の自コメントのコピー再掲載でいいのでこちらに残してもらった方がいいですね。
こちらの句しか見ずにコメントする人もいますし、前の句と行ったり来たりするのも手間なので・・・

「突かなかった受け皿のないところてん」
「突かざる」かな?「突かざりし」。

「句にメッセージ性を持たせた」というのは正直よくわかりませんでした。
上五「突かなかった」とわざわざ言っているので、何か捻ろうとしていることはわかりますが、この句でそれ以上は・・・という感じです。
過去形にしている理由もよくわかりません。

また、複雑なことをやろうとすると俳句は語順の問題も発生しやすく、「突きざりし」⇒「ところてん」が分断されていて直感的にわかりにくくなっているのもあります。

前の句は川柳的に受け取れなくはないです。
「突いたとしても受け皿がない(から突かない?でも突いてしまう?)」
俳句は構造上あまり社会を皮肉することには向いておらず、特に近代以降はそれは川柳が担ってきたようです。季語の入った川柳、というのもありますし。

で、ここまで書いて気づきましたが、もしや「突いてしまった」としたかったのでしょうか?
もしそうなら「ざる」は否定の助動詞なので、何か勘違いが発生していますね・・・

・突きぬるや受け皿のなき心太
・突きにけり受け皿のなき心太

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「突きざりし受け皿のなき心太」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。つかなければ受け皿もいらないので、やはり、突いたけど受け皿がないほうがいいですね。心太の気持から詠みたいので受け身で行くのは卓鐘さんと同じですね。
口語でいくのもありかもですね。破調。ちょっとメッセージ強めてしまったかな、、。卓鐘さんの提案の方がメッセージを弱めていていいなあ。

ところてんは突かれる受け皿はない

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

君の去りてあの日の会話寒昴

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

紫陽花やあまねくおをむ明月院

作者名 佐渡 回答数 : 2

投稿日時:

春めきて微笑みかける伎芸天

作者名 森 教安 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『突きざりし受け皿のなき心太』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ