俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花火音と燻煙こもる盆地祭

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小さな温泉地の盆地の花火大会の様子を詠んでみました。

最新の添削

「花火音と燻煙こもる盆地祭」の批評

回答者 ハオニー

はじめましてハオニーです

「花火」は夏の季語で、「祭」も夏の季語です
季語は主役です
季語が複数あることより、どの季語主役なのか分からないことが問題なのです

本筋から少し離れます
「花火」を残す方法は簡単ですので、「祭」を残す方法を披露します

お祭りといったら「花火」と「煙」は割と連想しやすいものです
お祭りなら花火上がるよね?くらいは想像できます

そのため、このテーマでは誰かと似たような句になりやすいです

「温泉地」といういい情報がコメントにありますね
「花火音」ではなく、温泉地らしさを出すことで類想を避けて本当に描きたかった映像に近づけましょう

たとえば
湯の華や燻煙こもる盆地祭
とすれば温泉地のイメージは出ます
温泉の匂いと燻煙が交わるのが感じられます

花火を詠むならば、祭を消しましょう
花火という季語には、別の言い方がたくはんあります
歳時記で調べてみると、どれが一番合うか判断出来るようになるかもしれません

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花火音と燻煙こもる盆地祭」の批評

回答者 東次郎

こんにちは、初めましてm(__)m

「花火」と「祭」が季重なりですので、「祭」を外してみました

花火音と燻煙こもる諏訪盆地

諏訪湖の花火大会の様子ですm(__)m

指摘事項: 季重なり

点数: 1

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「花火音と燻煙こもる盆地祭」の批評

回答者 東次郎

こんばんは

クルマの件ですが、私の生きがいの一つがクルマでしてね、他のSNSにクルマの投稿をします、慣例としてクルマと書いてます

俳句では字面の絵的な感覚で漢字が連なるのを避けてます、これは多分に個人の好みによるものです、たとえ間違いでも改めるつもりの無いものですm(__)m

点数: 0

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪月夜子猫のようにうずくまる

作者名 本田結衣 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

寒柝の昨日と違ふ若き声

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

ヒヤシンス捨てたつもりが捨てられて

作者名 めい 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花火音と燻煙こもる盆地祭』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ