俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

焼き車海老の目元に白き塩

作者 たーとるQ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先日、魚介を売りにした居酒屋にて車海老の塩焼きを頼んだときのこと。串を手にとって海老をよく見てみると鮮やかな朱色の中に半透明の塩が光っており、顔周りはまさに「化粧塩」であった。
一物仕立てに加え、「車海老」という夏の季語っぽくて実はほとんど季語とみなされていない実質無季俳句というダブルチャレンジな句である。

最新の添削

「焼き車海老の目元に白き塩」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。たーとるQ様、いつもお世話になってます。
そうか、アイシャドウのようだったのですね!それなら目元かな。

拙句「五十日」にコメント有難うございました。確かにATMは室内ですが、外にも行列が出来て、日傘をさしてまで並んでいる人がいる、という光景でした!
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「焼き車海老の目元に白き塩」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。目元の塩にズームアップするのはいいですね。素敵な発見句ですね。
塩は「白い」ということに特筆性があるかですね。「白き」の三音で他のこともできそうなので、推敲の余地はあります。逆に白かった!ということで車海老を引き立てるなら、自分なら白をラストにもってきます。「塩」がラストなら塩の説明になる「白」は外して別の3音にします。
焼き車海老の目元の塩白し
焼き車海老の目元の塩の白

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「焼き車海老の目元に白き塩」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。たーとるQ様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。いいですねー、私の知っている居酒屋では、外に向かって車海老を焼いていて、その香ばしい香りに思わず縄のれんをくぐったりしたものでしたが、最近はすっかりご無沙汰しています。

御句、面白いのですが、「目元」だとちょっと弱いような気がしました。「目元に」というと、「少し」がつながる印象。
海老の目は黒い点ですから、それを生かして、少し誇張してみてはいかがでしょうか?

・焼き車海老の目囲む白き塩
・焼き車海老の目白き塩の中

二句目は海老が白目むいてるみたい(笑)?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「焼き車海老の目元に白き塩」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんばんわ。

ズームアップでいくなら、「に」ではなく「の」でしょうか。
ただ、全体として調べがギクシャクしてませんか?焼き車 海老で一息置くと変な感じだし、一気に読むと中下の最後まで読まないといけないから息苦しく。

「海老焼き」と車を諦める
「車海老焼きて」と始める
「xxxxx xxxxx焼き車海老」で占める
「焼き車海老」と上五に字余りでおいて後半調べを整える
のどれかかなぁ。

海老焼きの海老の黒目や化粧塩
車海老焼きて目じりも白み初む
目元にも塩吹ける焼き車海老

観察力&描写力が問われるので、一物仕立ては難しい😅

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「焼き車海老の目元に白き塩」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

チャレンジ句なので【敢えて】というところが多いと思いますので、ご本人の自戒や他の方との意見被りも多いです。

◆この「車海老」は季語だ!と作句者が断定するなら、そこは気にするところではありません。季節感が間違っていなければ歳時記にあろうがなかろうが大丈夫だと思います。
◆リズムの悪さ、は卓鐘様と同意見。
 「車海老焼けて・・・」の形で夕方考えていたのですが。
◆「白き塩」白さに注目するなら語順、「塩」に注目するなら「白き」ではない別の要素、という話はげばげば様と同意見。
◆「目元に」この「に」は微妙ですね。やや散文的に見えます。

コメントの「半透明の塩が光っており」こっちをいただきます。

・車海老焼かれて塩を光らせて

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「焼き車海老の目元に白き塩」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
ファルコンと武強かったですね~。
確かに漢字だらけで
見た目も気をつけなければ
いけませんね。
勉強になりました
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「焼き車海老の目元に白き塩」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
ジョーはマニアックなので
俳句としては不安でしたが
好きなので、許して下さいませ(笑)
またよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

穴まどい僧は声かけ追ひやれり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

庭に立つ我を秋の蚊追い回し

作者名 三男 回答数 : 1

投稿日時:

いわしぐも保育園児の昼寝かな

作者名 弥平 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『焼き車海老の目元に白き塩』 作者: たーとるQ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ