俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雲の峰海白波の駆け比べ

作者 さつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

次々と寄せる波が競争しているようです

最新の添削

「雲の峰海白波の駆け比べ」の批評

回答者 鬼胡桃

こんにちは。
イサクさんと被りますがわ白波を使うなら海に関わりますから海という言葉は不要に思います。
あと、最近忙しくて投句出来なかった句を冬の句から随時投句してますので、コメントお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雲の峰海白波の駆け比べ」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんばんわ。

問題点てんこ盛りの句です。
「海白波のかけくらべ」が窮屈であるのとよくわからない擬人化で全然意味がわからなくなってます。そして雲の峰がとってつけたように置かれている。。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「雲の峰海白波の駆け比べ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。白い波の駆け比べというのは、波がかけっこしているという擬人でしょうか。白波の(中を)駆け比べしている人がいろということでしょうか。このあたりが少し見えにくい句でした!よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「雲の峰海白波の駆け比べ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

私はこの句、風景は見えていました。
◆中七「海白波」が窮屈。
季語「雲の峰」から入ったのに、ぎゅんと下へ目線が向けられて「海」が唐突。
 「白波の駆け比べ」が見えているので、少し高い場所から海を見下ろしている風景になっているだけに、余計に視線移動が気になります。

語順を変えれば「海」は不要です。

・駆け比べする白波や雲の峰

ですがやっぱり、この擬人化は微妙ですね・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏山の岩に弾ける汗と音

作者名 たかゆき 回答数 : 3

投稿日時:

鮮やかな赤の暑さやトマトかな

作者名 佐藤 篤 回答数 : 0

投稿日時:

葉桜の下にプッカとアポロと紗々と合掌する車掌

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雲の峰海白波の駆け比べ』 作者: さつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ