俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

時すぎて今となっては新茶つみ

作者 出水美代  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

60年前の中学時代学校裏の茶畑で茶摘みをするのが学校行事。暑さの中肥を運んだりあまり好きな行事ではなかったが振り返れば友と汗を流した貴重な思い出。

最新の添削

「時すぎて今となっては新茶つみ」の批評

回答者 鈴屋いるか

出水美代さん、はじめまして
初学者です、よろしくお願いします

そのような行事を体験されていたのですね
きれいな思い出が詰まっている句だと感じました

細かいことは置いとくとして具体的に景のあるエピソードをお借りして入れてみました
 彼の友と汗を流せし新茶摘み

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

垣根よりころころと出づ寒雀

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

百八の煩悩数えし初昔

作者名 すがりとおる 回答数 : 2

投稿日時:

桜散り向かう盆地の新天地

作者名 鎌田 潤一 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『時すぎて今となっては新茶つみ』 作者: 出水美代
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ