俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

次男なり還暦告げに墓参り

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

墓守りは兄に任せきりです。還暦となり心境も変化して、挨拶を兼ねて墓参りしました。母の回忌供養も13回を終え、来年は17回となりますが、きりがありませんので、兄の意向に任せ兄妹は従う予定です。

最新の添削

「次男なり還暦告げに墓参り」の批評

回答者 おせっかい

評価:凡人

発想:季語は秋「墓参り」、あるいは「墓参」。
「次男なり」の一言で、コメントに書かれたような事情が、読み手に伝わる訳もない。
作句の動機が、コメントに書かれたような事情、「実家の墓守を長男に任せきりなことが次男として申し訳ない、ありがたい」という気持ちが主なのか、
それとも「自分が還暦を迎えたことを亡き両親の墓に参じ、告げたことの感慨」が主なのか、その両方を、たったの十七文字で全て言い尽くせるはずもない。

技術:当然、句意をどちらかに絞るしかない。
自分の句意がはっきりと伝わるように書くこと、これが俳句の大原則である。
あとのことは全て、読み手の想像力に委ねるだけ、それが俳句である。

修正:句意が前者なら「守り役の兄と実家の墓参り」とか
句意が後者なら「還暦を告げに父母への墓参り」とか

点数: 3

添削のお礼として、おせっかいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

落ち着かぬ枯れ葉の音や人を待つ

作者名 城田和子 回答数 : 5

投稿日時:

全身に湯気受け止めて芋煮会

作者名 イサク 回答数 : 15

投稿日時:

黄金色空覆うほどの銀杏散る

作者名 秋恵 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『次男なり還暦告げに墓参り』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ