俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ゆく春や歳時記第一章を閉じ

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

2月下旬から俳句を始め
手垢がつくくらい歳時記をめくってきましたが
春の季語も来年まで使う事がないな~と
いう惜別の思いを詠みました
字余りが気になるますが…
よろしくご指導お願いします。

最新の添削

「ゆく春や歳時記第一章を閉じ」の批評

回答者 佐渡

いく様 こんにちは!いつもお世話になっております。
成長著しいですね。
私はゆく春や歳時記閉じる第一章
とやってしまう
下五を「章を閉じ」で余韻が残る感じがします。

テレビみました。私は勉強ばかりの才能なしの方ですが(笑)
いろいろ先輩からご指導がありますが、考える過程が楽しいので続けていきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ゆく春や歳時記第一章を閉じ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

その気持ちわかります。
私も昨年の六月末スタートなので、もうすぐ一年です。
あー、もうすぐ秋がおわるのかー、もう少し秋を詠んでいたいなあ、と言ってたのに、もう少し冬を詠んでいたいなあ、まだ知らない季語があるなあと思ったり。
基本形もありますし、「や」のあとも明確に切れてない内容なので、あえて、叙述形でいくのもありますかねー。
歳時記の一章を閉じ春ぞ行く

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆく春や歳時記第一章を閉じ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

何かを終えた感慨と「ゆく春」はよく合いますね。
この句の形の字余りはあまり気になりません。リズムが整っているからだと思います。

勉強中の身としては、まだまだ閉じてられないですよぉ・・・
自分が使わなくても、人の俳句を調べるのに使いますしね・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「ゆく春や歳時記第一章を閉じ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

いくさん、こんにちは。
御句拝読しました。これはいい句ですねー!私はこういうの好きです。
字余りは全然気になりませんでした。
「や」で切れても内容がつながっているという点はありますが、それは置いておいて、感慨深い句です。
もっとも、俳句をやっている人間にしかわからない感慨ですが、これを読むような人は皆俳句をやっている人間なので(笑)、わかりますよね。

私も触発されて一句作ってみました。

・惜しみつつ歳時記の春閉じにけり

でもこれはどうでしょう…。この春は季語になりませんね…。
やはり「第一章」はいい表現ですね。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

憧れのミルフィーユ鍋挑戦す

作者名 ささゆみ 回答数 : 2

投稿日時:

秋雨や地へ一枚の蝶の翅

作者名 ちゃあき 回答数 : 5

投稿日時:

薔薇を折る持たぬ倖せほしいまま

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ゆく春や歳時記第一章を閉じ』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ