俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

三拍子踊るハサミの望潮

作者 葉月庵郁斗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前作望潮は
説明になってると思い
語順、踊るに訂正しました
こちらで
ご指導よろしくお願いします。

最新の添削

「三拍子踊るハサミの望潮」の批評

回答者 佐渡

いく様 こんにちは!いつもお世話になっております。
「望潮」読めなくてネット調べました。私の歳時記に載ってないです。
動画をみたらそこに「扇ひらひら」なんて書いてあったですよ。

★踊り手の扇ひらひら望潮

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「三拍子踊るハサミの望潮」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

いくさん、おはようございます!
御句は下五の潮望で一気に情景を鮮明にするという巧い構造ですね。もしや「踊る」というのはかの名曲「しおまねきのサンバ」にかけているということでしょうか?
「潮望にはハサミがあって当然」「踊るという動詞は陳腐」という意見も出そうな気がしますが、たーとるはこの可愛らしい表現を大切にしたいのでこのままで。

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「三拍子踊るハサミの望潮」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。メルヘンの句ですね。たーとるさんのコメントの、踊るの是非とハサミの必要性は、まんま思いましたが、あえてのメルヘン、しおまねきのサンバとして受けました!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「三拍子踊るハサミの望潮」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
他の方と違ってしおまねきのサンバとは受け取れませんでした。
原曲もサンバのリズムも三拍子ではないので・・・ここは作句者の意図ではないので、どうでもいい話です。
むしろシオマネキ本来の動きは二拍で、サンバと思えばサンバです。それも雑談なので置いておいて。

◆御句、一物なので必ず季語「望潮」を自分なりに説明する形になります。断定はできませんが、風景を担保する意味で上五に「望潮」を置く方がいいかも?
◆この句では「招く」を外す推敲は正解だと思います。
◆「三々七拍子」というのは句からは全くわかりませんが、「三拍子で踊る」と断定するのはアリだと思います。
◆「ハサミ」は不要というよりは、この三音を別のことに使いたいです。たーとる様は「可愛い」と評価していますが、ここで「ハサミ」と出してしまうのは「こどもの作る俳句」のように見えてきます。
 格調高く、とか言うつもりは全くありませんが、「望潮踊る」でハサミだろうとは思うと思うので・・・

前の句のコメントを尊重して提案句を置くと・・・

・望潮踊る三三七拍子

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

歩道橋登りて都庁に月煌々

作者名 幸福来々 回答数 : 2

投稿日時:

日向ぼっこ野良猫眠る静けさや

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

名月や気づけば膨らむ彼の頬

作者名 渡道 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『三拍子踊るハサミの望潮』 作者: 葉月庵郁斗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ