俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

目覚めれば半夏の雨は滝のやう

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

もう7月も終わりで半夏生の句は時期を通り越しています。2回目のとうくです。酔いどれ防人さんありがとうございました。少しずつ勉強していきます。今後も宜しくお願い致します。

最新の添削

「目覚めれば半夏の雨は滝のやう」の批評

回答者 塩豆

どうもはじめましてです。塩豆と申します!
「半夏雨」という季語があるのですね。初めて知りました。また、「滝」は比喩で用いていますで季重なりではなさそうです。そして「雨」ときて「降る」とわざわざ言わない辺りよく分かっていらっしゃる方だな、と思いました。
見落としているのが「目覚めれば」だけが現代仮名遣いになってしまってしることです。「目覚むれば」と統一した方が良さそうです。
また、「半夏雨」という面白い季語を折角用いているのですから、「半夏雨」ならではの特性が感じられるような句ができれば尚良いと思います。この俳句であれば「夏半雨」でなくても「雨」なら何でも当てはまってしまいそうなのです。(季語が動く、と表現するそうです。)

点数: 3

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬籠り古書が励ます吾が心

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

絵手紙に残暑見舞いを添えて出し

作者名 岸本義仁 回答数 : 6

投稿日時:

要望:厳しくしてください

コスモスの迷路ぬけ来る乳母車

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『目覚めれば半夏の雨は滝のやう』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ