俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

広き野やさえずり交わす揚げ雲雀

作者 さつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春の野原の気持ち良さを読みました

最新の添削

「広き野やさえずり交わす揚げ雲雀」の批評

回答者 さび

こんばんは。初めまして。

揚雲雀を追っているとクラクラして見失ってしまいますよね。
雲雀野、という季語もあります。
あちこちから雲雀が飛び立って、空から雲雀の声が降ってくる、降ってくる…。吟行したくなる日和ですね。

指摘事項: 季重なり

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、さびさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「広き野やさえずり交わす揚げ雲雀」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

もしかして短歌をやられてましたか?(違ったらごめんなさい。)何となく短歌的な雰囲気を感じました。

4句の中では一番すっきり纏まってて良いなと思いました。
「さえずり交わす」が工夫のしどころですね。揚雲雀を描写するのであれば揚雲雀らしさを少しでも出したい。「揚雲雀」はかなり高いところを飛ぶ雲雀ですから、この描写で適切か。「さえずり交わす」というのが割とありふれていて、どんな小鳥にも当てはまる表現になっているかと思いました。揚雲雀は、お互いにというより声を上げながらただ高みに上がっているイメージでした。(僕だけかもしれません。)

広き野や声高らかに揚雲雀

複数じゃなくなってしまったし、いまいち^^
自分も大してできないの偉そうにすみません..

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「広き野やさえずり交わす揚げ雲雀」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はじめまして。よろしくお願いします。
初心者さんでしょうか?

五七五の音数の意識はできていると思います。季語の方は・・・
◆「さえずり」というのが春の季語になっています。求愛の声ですね。
 季重なりを避けるのに「鳴き交わす」ぐらいでいかがでしょうか?
◆上五「広き野」を「や」と詠嘆してらっしゃいます。
 この句の主役は季語「揚雲雀」で、「広い野」はあくまでも雲雀の飛んでいる舞台のようなもの、かと思います。
 こういう「や」の使い方もないわけではないですが、難しい部類ですので、一旦、他に適切な助詞を探してみてもいいかと思います。

・広き野を鳴き交はしたる揚雲雀

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紫陽花や古き朝刊読み返し

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

がたがたと駆ける近江はみどりいろ

作者名 楡溪薺 回答数 : 1

投稿日時:

みな伏して散るもゆかしきつつじかな

作者名 綱子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『広き野やさえずり交わす揚げ雲雀』 作者: さつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ