俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寂しかな静かに揺らぐ冬の海

作者 Akama  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬の海の独特な静けさと夏の海とは真逆の波の音しか聞こえない寂しさを表現したかった。

最新の添削

「寂しかな静かに揺らぐ冬の海」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
はじめまして、げばげばと申します。

静かな冬の海が表現できています。
なおじいさんのおっしゃるように、静かとか寂しいと言わずに出す方法もありますね。
打ち寄せるただ打ち寄せる冬の海

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寂しかな静かに揺らぐ冬の海」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

コメントのような内容は表現できていると思います。
日本海のような「冬の海」ではなく、静かな内湾のイメージですね。

上五「かな」に接続するのは終止形よりも連体形の方がいいようです。
なので文法としては「寂しきかな」だと思うのですが、
とすると字余りになるので「寂しきや」などの方がいいかもしれません。

次をお待ちしております。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「寂しかな静かに揺らぐ冬の海」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

Akamaさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。ちょっと季節外れですが、冬の海。いいですねー。

俳句では、できれば「寂しい」とか、「静か」とかいう形容詞あるいは形容動詞を出来るだけ使わないで、その雰囲気を表せるようになるといいですねー。
また、揺らぐ、という動詞も、俳句ではよく使われ、いわゆるあるある句になりがちですのでお気をつけください。

・音もなく波打ち寄せる冬の海

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木苺や父母へ小昼の登り坂

作者名 輝久 回答数 : 4

投稿日時:

鳥が鳴き木漏れ日の増す夏の色

作者名 三男 回答数 : 2

投稿日時:

芹の根や囲みし鍋に舌鼓

作者名 博充 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寂しかな静かに揺らぐ冬の海』 作者: Akama
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ