俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

近き夏花粉の果てて開ける窓

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

杉は花粉症の自分はやっと窓を開けられる。

最新の添削

「近き夏花粉の果てて開ける窓」の批評

回答者 葉月庵郁斗

コメントありがとうございます
おじさん様への
先輩方の添削
一段階レベルアップしているように
感じます。
私も頑張ります。
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「近き夏花粉の果てて開ける窓」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

◆「花粉症」という意味で使う「花粉」は春の季節の季語ですので要注意です。
◆「夏が近い」から「花粉が減った」
 「花粉が減った」から「窓を開けられる」
 という、全体が原因と結果でつながった構成なのが、やはり気になりますね。
◆特に「夏が近い」「花粉が減った」これが同じような季節のことを言っています。
 原因結果を排除しないなら「花粉」を残した方が心情には近いと思いますが、俳句らしく原因結果を排除するなら「花粉」を外した方がよいと思います。

今回は提案句なしで・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「近き夏花粉の果てて開ける窓」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも勉強させていただいています。

御句。今回は因果関係が残りました。夏近いから花粉果てるから窓開けるという因果です。この辺りをさけられるといいですね!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

多作多捨脳を氷水に浸ける

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

鳴く鹿や嫁ぎ新居ではや一年

作者名 おはる 回答数 : 2

投稿日時:

神の池寒鯉の群れたゆたゆと

作者名 洋子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『近き夏花粉の果てて開ける窓』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ