俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

沈丁やセーラーの襟やり直し

作者 やす  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

中学校の入学式、沈丁花かおる門をくぐると周りはセーラーの襟を綺麗に整えていて慌てて結び直しました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「沈丁やセーラーの襟やり直し」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
やり直すよりは整えるの方がいい気がします。
入学式なのに桜ではなくて沈丁花で詠むところが渋いと思いました😊

セーラーの襟整えて沈丁花

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

山空に流る濁流天の川

作者名 指江 回答数 : 1

投稿日時:

空襲は七十六の年が過ぎ

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

てるてる坊主吾子は眠りて小夜時雨

作者名 まこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『沈丁やセーラーの襟やり直し』 作者: やす
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ