俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初心者を捨てきれないでゐた春よ

作者 たーとるQ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

恥ずかしながら、俳句ポスト365に初めて投稿させていただきました。
もし来月の優秀句にある競走馬の名前がそのままペンネームになっている句があればそれが私の句です。(今にしてみたらたーとるで統一しとけよ)

今回はその時の句です。俳句はテレビ番組や本などで多少はかじったつもりでいたし、あの夏井いつき先生が選句してくれるのだと意気込んで自信のある句を中級者以上フォーマットに投稿。その後やはり初めてだから多少は遠慮しとくかとそれ以外のいくつかを初心者フォーマットで投稿したのです。
しかし後に規約を読み返すと両方のフォーマットに投稿していた場合は全て初心者行きになると知って愕然。
いざ開いた世界に発信すると謙遜や躊躇をしてしまう自分の恥ずかしさを、物憂げや青さの目立つ季節である春に託してみたのです。
勿論、この句だけではシチュエーションが中々限定できないでしょうが、初心者や基本的な型から抜け出そうとして奮起するも結局は初心者のなりでいてしまったという経験は多くの人にあると思いますので、共感性があれば幸いです。

最新の添削

「初心者を捨てきれないでゐた春よ」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

私は永遠の初心者なので捨てませんのでセーフですね。
(初心者が偉そうに・・・というツッコミが怖い)

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初心者を捨てきれないでゐた春よ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

たーとるさん、こんにちは。
御句拝読しました。何言っているのですか。次は中級者以上でお願いしますよ。

・初心者と要らぬ謙遜山笑ふ

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「初心者を捨てきれないでゐた春よ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

そうでしたか、両方やると初心者の方に反映されますからねー。
百千鳥ですね。たーとるさん、中級でいけそうですもんね。たーとるさんが自信ある句というなら、初級金曜日あるかもですね!楽しみです😆

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏祭り踵が踊る水しぶき

作者名 和光 回答数 : 2

投稿日時:

ドアマンの蝶ネクタイや涼新た

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

秋の蝶何色と問ふ黄と黒と

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初心者を捨てきれないでゐた春よ』 作者: たーとるQ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ