俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風船や行き先知れず常しえに

作者 肥川成可  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

その日の風に任せて何処へ飛んで行くか?風船の行方想像

最新の添削

「風船や行き先知れず常しえに」の批評

回答者 なおじい

肥川成可さん、こんにちは。
御句拝読しました。
最近、風船をテーマに詠んでいらっしゃるのですか?続いているような。

御句、卓鐘さんと同じような感想になりますが、当たり前のことをすごく大袈裟に表現していらっしゃいます。
風船が風まかせでどこに行くかがわからないのは普通。いつまで飛んでいるかはわかりませんが、とこしえに=永久にはちょっと大袈裟では?

もちろん人それぞれの感性というものがあり、それを否定するものではありませんが、人は、相手が異様にオーバーな反応をすると引いてしまうものなのです。
ここは、飛ぶ風船を眺めて「どこ行くんだろ?」くらいにしておいた方がいいのではと思いました?

・風船やどこへ行くやら飛ぶのやら

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「風船や行き先知れず常しえに」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

風船が飛んでいけば、それは永久にどこに行ったか分からないでしょう。「常しえに」はあまりに大げさすぎませんか?

また、誰が、どんな様子で、なくしたのか。その辺りの全く見えない状態になっているかと思います。

「その日の風に任せて何処へ飛んで行くか?風船の行方想像」
少なくとも、この事がせめて伝わるようにしてみませんか?

風船や風にまかせてどこへ行く

これも俳句としてはまだまだですが、変に大げさな言葉で意味わからなくしてしまうよりはぐっとましになります。

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

田植ゑして泥の匂ひにつつまれし

作者名 04422 回答数 : 2

投稿日時:

柿若葉影よりそよぐプレリュード

作者名 やす 回答数 : 2

投稿日時:

楼門の色を変えたる樟若葉

作者名 登盛満 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風船や行き先知れず常しえに』 作者: 肥川成可
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ