俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

散り過ぐも共の営み桜守

作者 ふり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

河原の両側対照に枝垂れ桜が綺麗でした。
しかし、日当たりを見ると不自然な…そうか、人口的な助けで自然の桜が活きるんだと思い。

最新の添削

「散り過ぐも共の営み桜守」の批評

回答者 なおじい

ふりさん、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。ちょっとよくわかりませんでした。おそらく、多くの方々がわからなくて投げているのではと思います。
今のままでは、「共の営み」の意味がわかりません。誰と誰が共になのか。
散った後も桜守は面倒を見るということでしょうか?それは当然のように思いますが。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「散り過ぐも共の営み桜守」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

わかりにくい句になっていますね。
理屈の説明が多めに入って、風景があまり入っていないことが原因かなあ・・・?と思います。
「すっかり散ってしまっても共に営む(生活する)」というのは、季語「桜守」の意味に含まれていそうですね。

説明を消すためにどうしましょうか。川の風景を出してみましょうか。
でも季語「桜守」のままでは「枝垂桜」は出せないのですよね・・・
うーん、ちょっと難しいですね。

・対岸に枝垂桜の同じ形(なり)

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

天幕を畳むサーカス二重虹

作者名 鬼胡桃 回答数 : 2

投稿日時:

すぐ買った向日葵柄のワンピース

作者名 やっこ 回答数 : 3

投稿日時:

猫の恋メトロノームの右左

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『散り過ぐも共の営み桜守』 作者: ふり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ