俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

病室の窓から愛でる花の雲

作者 いつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

友人のお見舞いに行きました

最新の添削

「病室の窓から愛でる花の雲」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

この句は「病室の窓から愛でている桜の花」という説明で終わっています。
「愛でる」という自分を説明する動詞を変えると、受け手はもう少したくましく想像できるかも。
お見舞いということはわかりませんが、入院の御本人の気持ちで詠んだということでもいいと思います。

・病室の窓より遠き花の雲
・病窓の隅から隅へ花の雲

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「病室の窓から愛でる花の雲」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

拙句にもコメントありがとうございます!みなさんの句にもがんがん感想おかれていて、きっといろんな方から返事が来ると思います😆

御句。病室と花の雲。いいですねー。希望の桜かはかない桜か、受け手はいろいろ思いますね。
そういう意味では愛でるという自分の動作でいくべきかは悩みます。
病室の窓より淡き花の雲
病室の窓より花の雲あはし

淡さに何を思うのかは受け手に任せてみたり。
病室の窓は、病窓、と4音にすることもできます。そうなるとさらに他の描写もありますね😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「病室の窓から愛でる花の雲」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

芦川 様 こんにちは! 初めましてご感想ありがとうございました。
まだ2ケ月の新米ですが、みなさんにご指導いただき勉強させてもらっています。

御句の「愛でる」を「偲ぶ」と詠んでも良いかあと思います。
日本語の難しさに苦戦しています。
これかもよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「病室の窓から愛でる花の雲」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

再訪です。
友人のお見舞いだったですね。
それでしたら、友見舞うとした方が読み手に分かりやすいと思います。
病室の窓だとご自身が入院しているいう意味にもなります。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「病室の窓から愛でる花の雲」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

芦川次郎さん、こんにちは。
御句拝読しました。ご友人のお見舞いの句であると。ご自身が入院なさっているようにも読めますね。
まあ、どちらでも、読み手は色々想像しますから。

私はどちらにしても、見舞いに来た人ではなく、入院している人が詠んだ句にしようと思いました。

・病室の窓いつぱいの花の雲

掲句ですと、作者は窓際まで行けて、もしかしたら窓から顔を出しているかもしれません。
しかし、「窓いっぱいの」とすることにより、今いるところから動けずに、横になってみることができる窓景色だけの花見となる、そんな光景を詠んだつもりです。

実際はどうなのかはわかりません。ただ、入院しておられるご友人の一日も早いご快復をお祈りします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ふつかつのじゆもんにちよつとたりない蚊

作者名 長谷機械児 回答数 : 7

投稿日時:

浴衣着て慣れぬ鼻緒の下駄に泣く

作者名 山口雀昭 回答数 : 2

投稿日時:

夏の夜の大食いユーチューバー妬まし

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『病室の窓から愛でる花の雲』 作者: いつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ