俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

セルフレジ止まらぬ手に思い出す春

作者 こねこね  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めて真剣に作ってみました。某番組の"セルフレジ"というお題で書いてみたものの評価してくれる方がいないので投句してみました。
セルフレジで商品を通しているときに無意識に手が動いてしまうことに、コロナ前に大学生になり、その春に初めて始めたアルバイトを思い出した。という俳句です。
楽しかったです。よろしくお願い致します。

最新の添削

「セルフレジ止まらぬ手に思い出す春」の批評

回答者 なおじい

こねこねさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。俳句本気でお作りですか。頼もしい。まだお若いですし、これから楽しみですね。

御句、初読では句意が掴めませんでした。要するに訳がわからず。
ご自身のコメントを拝読して、ようやくなんとなくわかってきました。以前、アルバイトでスーパーとかのレジをやっていたので、久々にセルフレジをやったら、バーコードを通す手が止まらなくなってしまったということですね。なるほど。それ自体は面白いです!

ちょっと問題なのは、イサクさんもご指摘の「思い出す春」ですね。ご存知のように、俳句は季節を重んじて、必ず季語を入れます。御句の場合、「思い出す春」が、「今は春ではないけど、バイトしていた春のことを思い出す」というのか、「春の風に誘われてそんなことを思い出した」というのかでは大違いですね。どちらなんだろう?

まあ、それはそれとして、私の場合は、

・セルフレジ難なくこなし春の風

くらいにしておきます。とてもこねこねさんの句意を全て入れられませんので、バイト経験から戸惑うことなくレジを済ませて颯爽と外に出て行く、そんな姿を詠ませていただきました。
またよろしくお願いしますね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「セルフレジ止まらぬ手に思い出す春」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。はじめまして。よろしくお願いします。

俳句楽しんでくださいねー。
私は厳し目なので、気になったらスルーでどうぞ。
◆このままでは「春を思い出す」と受け取れます。コメントを読んでもそのとおり。でも「セルフレジ止まらぬ手」は現在のことですよね?現在の季節については、俳句のどこにも書いてありません。
 つまりこの句は、「春」を思い出している「無季」の句ということに・・・

・セルフレジ止まらぬ手を思い出す春
たとえばこうすれば、思い出しているのは「止まらぬ手」となり、現在は「春」になり、季語として成立します。

他にも中八に字余りしていることや、そもそも「思い出す」は他に言いようがないのか、などの問題はありますが、とりあえずそこまでにしておきます・・・

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

哀れ蚊を追ひ立てにけり厠窓

作者名 ちゃあき 回答数 : 1

投稿日時:

月の裏見し人ありて夕月夜

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

色褪せたフェンスの向こう秋の空

作者名 イサク 回答数 : 13

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『セルフレジ止まらぬ手に思い出す春』 作者: こねこね
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ