俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

人もまた等間隔の花見かな

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今年はこんな感じになりそうな

最新の添削

「人もまた等間隔の花見かな」の批評

回答者 げばげば

こんにちは!
お祝いコメントありがとうございました!

雛祭は類想祭りで、何しろ男性としては実感も薄く。よし造さんのおっしゃる通り技巧頭脳というより、考えて作った句よりぶち当てた取り合わせ句の方が選ばれてました。
雛祭ははた目で見ていたような印象で、羊羹のぶあつさと雛の髪の黒々さがまぶしかったという記憶で、どこか祭りに仲間入りできてない憧憬のような。そういう雛祭の句です( ´∀` )
一方で先ほどTwitterのリプでは、ある方から「ウチの薄い羊羹と比べてこの家は立派だ…」という、女の小さな嫉妬と読みました」とコメントをいただいて、なるほどそういう鑑賞もあるのかあ、と面白く感じました。自分の手を離れて句はいろいろな鑑賞をされるのだなと思うと感慨深いです(^^♪
よし造さんにはいつもいつも好意的に且つ厳しい目線でいただいて、とても励みになっています。これからも何卒よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「人もまた等間隔の花見かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんばんは(*^^*)
「人もまた」が気になりました。
「人も」ということは他の動物なり、なにかがいることを示唆している「も」ではないかと思います。なので「今年また」ではないでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「人もまた等間隔の花見かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。「も」は、桜並木が等間隔に並んでいて、そして、人もそれに合わせて、等間隔に並んでいるのだと発見したような句でしょうか。「また」は少し気になりますが、このままいただきます(^^♪

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「人もまた等間隔の花見かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「もまた」が気になりますね。人以外の何を示唆しているのでしょう。

理屈で言えば桜の木なのですが、桜の木をわざわざ「等間隔」と見るイメージは街路樹くらいで、街路樹で「花見」をしたら怒られそうな・・・

コメントからは

・人々の等間隔の花見かな

ぐらいでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「人もまた等間隔の花見かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。よし造様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。上手いですねー。「も」の句は、何と「も」なのか気になるところですが、これは桜並木ですね?
以前から私は、桜並木は、植える時に、このくらいの間隔を空けておけば将来どれだけ成長してもぶつからないで大丈夫だ、という距離をちゃんと測っているのだろうなとか、どーでもいいことを考えていましたが、絶妙な間隔で植えられていますよね。

今年の桜(ソメイヨシノ)はまだですが、二月に河津桜を観に行った時も、あの川沿いの整然とした桜並木には本当に感動しました。
この週末には、地元の川沿いの桜並木を歩こうと思っていますが、ここもすごいのですよ。人出もすごいですけどね。
でも桜並木のいいところは、みんな滞留しないで歩いて進むところですね。ですからそこは、コロナ以前からシート広げて宴会、みたいなのは禁止でした。

御句で悩ましいのは、他の時事俳句と同様、何年かすると、何これ?とか言われそうなことですか。

強いて言えば、人が等間隔なのは昔からそうであって、今年はそれが以前よりも離れている、という印象ですかね。ちょっと寂しいです。

・人々のちよつと距離置く花見かな
・行く人の間隔の開く花見かな

感染対策が大事なのは当然ですが、人の温もりや繋がりを感じるような「密」は、大事にしたいです。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「人もまた等間隔の花見かな」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは(*^^*)
私の雛の句にコメント添削ありがとうございます。ご指摘のように一句の中に主語が二つ入っていたからだと納得しました。

目隠しをほどきめざむる雛かな

目隠しを、ほどいたのは自分
目覚めたのは雛

添削句
目隠しをほどき雛を目覚さす

自分目線の句で主語一つ
(*^^*)👍️

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

回送の電車は車庫へ冬銀河

作者名 丼上秋葵 回答数 : 4

投稿日時:

独り居の便座を蟷螂猛々し

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

クレープ屋の列の一人や風薫る

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『人もまた等間隔の花見かな』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ