俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

道端を陣取り紅く木瓜の花

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

散歩の途中に公園脇の道路に片隅に真っ赤な木瓜の花がここは自分の場所と主張するように紅く咲いていました。
中7の紅しとすると「五月雨を」とおんなじかな?

最新の添削

「道端を陣取り紅く木瓜の花」の批評

回答者 ふり

添削ありがとうございます。
拙句の句意は、なおじい様がドンピシャで代弁してくれています。
子の卒業の日に寄せて詠みましたが、子の気持ちになり「我」と入れてしまい、皆様からご指摘がありました。
そもそも当事者は「ハレの日」と言わないかな^^;
親の想いが出てしまった中途半端な句です。

おじさん様は精力的に投句されていますね。
色々、挑戦されて素晴らしいと思います。
これからも宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ふりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「道端を陣取り紅く木瓜の花」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

おっしゃる通り「紅し」で「最上川」と同じ型になります。
そして、名句の型を真似してみるのも、勉強の一環だと思います。

まず型の話。
御句の場合「紅く」は連用形で、下五が名詞なので明確にはつながっておらず、中七と下五の間で軽く切れが入っています。
繋ぎたいなら連体形「道端を陣取り紅き木瓜の花」です。でもちょっともっさりしますね。
ここは「最上川」と同じ型「道端を陣取り紅し木瓜の花」で切った方が、文字通り俳句の切れがよくなると思います。

内容の話。
◆「陣取る」にやや説明感があります。陣取っているように見えるのはなぜか?というのをもう少し上手く描けるといいですね。
◆「紅」は「木瓜の花」ではなく、「陣取って見える場所」なのだと受け取りました。とすると語順も、もっと良い語順があるかもです。

提案句を作ってみましたがあまりよくないです。真似しませんよう。
・紅き陣のごと道あり木瓜の花

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「道端を陣取り紅く木瓜の花」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。名句の型の勉強になりますねー。私も気に入った句があればこの型で詠んでみたいーとなっていろいろ試します。
道端を陣取り紅し木瓜の花
でも十分できているように思います。
五月雨をあつめて早し最上川
も上五中七は最上川のことを描写している形ですが、流れのはやい最上川をそう表現するの!という驚きですよねー。
私もこういう型をやってみたいですー。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「道端を陣取り紅く木瓜の花」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

おじさん様、こんにちは。
拙句にコメント有難うございました。

御句拝読しました。精力的な作句ペースをすごいと思っていましたら、今度は名句の型を!
恐れ入りました。

御句、私は個人的に、「陣取り紅く」よりも、そこだけ妙に紅いから陣取っているように思えたのだろうということで、「紅く陣取る」としようかなと思いました。
また、「道端」というのは、これも個人的にですが、なんだか値打ちがないように思えますので(きれいな女性もいますが)、ちょっと言い替えました。

・道の脇紅く陣取る木瓜の花

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「道端を陣取り紅く木瓜の花」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

再訪です。
厳密に言えば「最上川」とは違いました(季語の位置)と伝えに来ました。

練習で名句の型に嵌めていくのは全然アリだと思います。
型に嵌めない場合と比較してみないと、型の効果があるかないかも検討できませんししね。
「似た感じ」になったものは入選はしないかもしれませんが、練習ならばいろいろやってみて良いのでは。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

孑孑のくねりくねりと溜水

作者名 04422 回答数 : 3

投稿日時:

生え際の黒重ね塗り入社式

作者名 いちご大福 回答数 : 0

投稿日時:

要望:褒めてください

節分やがぶり恵方に海苔の香の

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『道端を陣取り紅く木瓜の花』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ