俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春愁や眠りにつけぬ小夜嵐

作者 いつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨戸をたたく風雨の音で、布団に入っても様々なことが頭をよぎりなかなか寝つけませんでした。

最新の添削

「春愁や眠りにつけぬ小夜嵐」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

「春愁」と「眠りにつけぬ」の言いたいことが重なっているので、ここは季語に託して中七を変えた方がよいかな?と思います。
「小夜嵐」は若干カッコつけすぎ感もありますが、そのままで。

・春愁や雨戸を揺らす小夜嵐

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春愁や眠りにつけぬ小夜嵐」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

芦川次郎さん、こんにちは。
御句拝読しました。
色々気になることがあると眠れないものですね。それに風なんかが強いとなおさらですよね。
御句、情景はわかるのですが、上五の季語、中七のご自分の状況、下五の屋外の様子、これ皆、原因結果でつながっています。

私にとってはそれは特別よくないことではないのですが、しかし、御句の場合は、それが強すぎるというか、被っていると思うのですよ。

春愁だけでも眠れないのに、小夜嵐まで。実景かとは思いますが、要素が重なっていますので、どちらかでいいのではないでしょうか。

・春愁や雨戸を叩く風の音

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

海に消ゆ雪の見届け浜辺から

作者名 鰐渕颯 回答数 : 2

投稿日時:

うつすらとくちびる濡らす梨の汁

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

禊萩を供えて仰ぐ墓参り

作者名 秋恵 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春愁や眠りにつけぬ小夜嵐』 作者: いつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ