俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

駅舎より育つ燕の去りゆけり

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

無人駅にねぐらが。

最新の添削

「駅舎より育つ燕の去りゆけり」の批評

回答者 負乗

こんばんは。
「燕去る」が季語ですかね…
「駅舎」は交通の場で、「燕」とは相性がいいですかね。
でも、只事かな、という印象、ですかね…
新規性が欲しいです、

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

駅舎にて生まれし燕飛び立てり

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。久田しげき様、いつも勉強させていただいております。

昨日に引き続き、ご迷惑と思いますが御句にご返事させていただきます。

御句、爽やかな景が目に浮かぶ素敵な句です。ただ今回は、何か一言感想を申しあげ、僭越ながら提案句を置かせていただこうと思っております。
御句、誰が読んでも駅舎に巣があると思うでしょうが、あまのじゃくが「ツバメが駅から電車に乗って行ってしまった」と受け取らないとも限りません。そこで提案句は駅で育ったことを強調しました。「育ちし」も考えましたが、言いにくいのでやめました。また、下五「去りにけり」は、居なくなって淋しい感情は表れていますが、若ツバメの旅立ちなので明るく希望に溢れた雰囲気にしてみました。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「駅舎より育つ燕の去りゆけり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。久田しげき様、いつもお世話になってます。
再登場失礼します。

私ごとながら、先月31日〜今月1日の一泊で信州へ旅行してきました。到着して、駅を出ようとする私の頭をかすめて飛んでいく鳥がおり、見上げたら駅舎にツバメの巣がありました。
その時にこの句を思い出しましたので、お伝えさせていただきます。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「駅舎より育つ燕の去りゆけり」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

レトロな駅舎と若々しい燕の姿が目に浮かぶようです。
夏らしい清清しい句だと思います。
素敵な句で好きです

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

自撮棒伸び卒業のVサイン

作者名 そうり 回答数 : 4

投稿日時:

リンゴ一つ分けれる糞と弟消える

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

ゆつたりと冷める珈琲冬浅し

作者名 かぬまっこ 回答数 : 16

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『駅舎より育つ燕の去りゆけり』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ