俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春霧にもやいは解かず岸の花

作者 いつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

友人と舟遊びをしようと思いましたが、あいにくと霧が出てきたのであきらめました。

最新の添削

「春霧にもやいは解かず岸の花」の批評

回答者 なおじい

芦川次郎さん、こんにちは。
御句拝読しました。私は、すごくいい句だと思いました。
実は、初読ではすぐに句意がつかめず、ちょっと眺めていました。今朝、皆さんのコメントを拝読して、ああそうか、そういうことかとわかった次第です。飲み込みが悪くて申し訳ありません。
春は霧が出る季節。船を出すのはやめて岸の桜を楽しもうということですね。風流です。
このままいただきます。私もこういう句が詠めるようになりたいです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春霧にもやいは解かず岸の花」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

下五「岸の花」がよくわからないです。そのまま受け取れば「岸に桜が咲いている」ことになります。
あまりに唐突に出てくるので、これが主役の季語で取り合わせているのかと思えますが、上五で「春霧」とはっきり言っていますので・・・
コメントを読んでもわからず。
「春霧」「春霞」からの俳句になっているので、下五は変えた方がいいと思います。

上五を季語ではない「靄」を使う手もありますが、「もやい」とのダジャレ感が・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「春霧にもやいは解かず岸の花」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。春霧のせいで船を出せないのでもやいをほどかずに岸の花を見たよという内容ですか?主たる季語は花ですか?
春霧だからやめた、という関係も含め、理屈のストーリーなのが少し気になります。もやい結びと花はいいなあと思うので、春霧はあきらめてみるとまた良い句になりそうな。ぜひ推敲してみてください!

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬ざるる掘割抜ける風弾く

作者名 世良日守 回答数 : 2

投稿日時:

三月の水切る石の明るさよ

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

年寄が老いの世話する敬老日

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春霧にもやいは解かず岸の花』 作者: いつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ