俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏草や豪雨忍びし僅かな根

作者 悠々自適  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初心者です。

先の災害から一句詠みました。

お手柔らかにお願いします。

最新の添削

「夏草や豪雨忍びし僅かな根」の批評

回答者 桜子

こんにちは🌞
水害のあと一面茶色で僅かに残った根だけが生命を感じさせる風景を読みたいのだと思うのですが、間違えてたらすみません。
夏草やでは緑生い茂る風景が浮かび、詠嘆しているのでそれが主役の歌になってしまいます。そして、忍は遠い記憶に対して使うのでまだ生々しい記憶に対して使うのは少し違う気がします。

点数: 2

添削のお礼として、桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏草や豪雨忍びし僅かな根」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます。👋😃☀はじめまして✨
形としては纏まっていると思います。豪雨に負けずに残った僅かな根を詠んだのですね。だとしたら、「夏草」が取って付けたような季語に感じます。出水という夏の季語を使ってはどうでしょうか。例えば

🔷大出水荒れ地に残る僅かな根

どうでしょうか❔

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏草や豪雨忍びし僅かな根」の批評

回答者 とりもち

はじめまして。

かぬまっこさんのご指摘を読んで私も一句思いつきました。

夏草や豪雨も凌ぐ根の太さ

夏草の逞しさを出した方が希望的感情がわくかと思います。

この句には夏草だからこそ伝えたい思いがあるようです。

核となる部分を削いでしまうと意味が大きく変わりますからね。
変えるべきは下五の意味合いだと思います。

私は悠々自適さんの句の本質を十分理解しております。
いろんな見方がありますが、本質に逸れている意見を見抜き無視する目を養ってください。

点数: 0

添削のお礼として、とりもちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

古新聞レシピにマーク春炬燵

作者名 春野ぷりん 回答数 : 3

投稿日時:

スーパーのタイムセールや秋時雨

作者名 なおじい 回答数 : 18

投稿日時:

囀りや見え隠れつつ高みへと

作者名 未知夫 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏草や豪雨忍びし僅かな根』 作者: 悠々自適
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ