俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かさかさと歩幅狂はす雑木の芽

作者 ふり  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初投句の雛飾の句に四人も添削して頂いて感謝です。
かぬまっこさんの句に納得です。
皆さんの温かなコメントで嬉しく思い、これから精進していきたいです。
今回は、少し暖かくなり近くの林を散歩してみると、落ち葉の間から緑の芽吹きを見つけ、危うく踏むところだったので、少し飛び越えるようになった事を「歩幅狂はす」と表現してみました。
「かさかさ」という響きは冬を連想させるのか是非がわからず…。
添削宜しくお願いします。

最新の添削

「かさかさと歩幅狂はす雑木の芽」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

コメントなしでは、下五「雑木の芽」がなぜ「歩幅」と関係あるのか・・・芽吹いた木の芽を見つけて、足を止めて愛でていたのか?と思いました。

◆先になおじい様も言っている通り、地面から出ている発芽を「木の芽」とは言わないですね。「草の芽」あたりが適当でしょうか。
◆「歩幅狂はす」ここを工夫しようとした意思はわかりますが、遠回しに言おうとしてわかりにくくなってしまっているようです。
◆「かさかさ」が落ち葉のこととありますが、この句の並びではわからないかと・・・「雑木の芽」にかかってしまっていて、「雑木の芽」が音を出しそうです。
◆落ち葉のことをわざわざ書いてしまうと句の焦点がボケそうです。一句は十七音しかないので、あまり多くのことを伝えられません。
 「草の芽を踏まずに歩いた」ことだけで、俳句十七音には充分に足りそうです。

・林道の草の芽踏まず歩きけり
・草の芽を踏まずに歩く遊歩道

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「かさかさと歩幅狂はす雑木の芽」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ふりさん、こんにちは。その四人の中の一人として、コメント嬉しく思います。二句目ようこそ!という感じです。

さて、御句拝読しました。おっしゃること、光景、よくわかります。危うく踏みそうになって、おっと、という感じで避けようとして大股になったりしますよね(笑)。

ちょっと気になりましたのは、全体に話が地面のレベルですね。かさかさというのは落ち葉のことで、踏みそうになるのも地面から出ている草の芽ですね?
季語「木の芽」は、そこそこの高さのある「樹木」の芽のことだと思うのですよ。
ですから御句では、草の芽とかの方が合っているかと思いますが。

・草の芽を見つけ乱るる歩幅かな

こういうことですよね?でもそのまま過ぎますか(笑)。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

馥郁と沈丁の香書斎まで

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

青光の湖畔に居座る氷柱の音

作者名 和光 回答数 : 0

投稿日時:

カレーまで餅を浮かべる七日なり

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かさかさと歩幅狂はす雑木の芽』 作者: ふり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ