俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒き朝粗目のような霜柱

作者 タルタルソース  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今回の句は今朝見た霜柱がカステラに乗っているザラメのように輝いた事を表現しました。そして皆さまにアドバイスされた様に575に収まる様工夫しました。

最新の添削

「寒き朝粗目のような霜柱」の批評

回答者 なおじい

タルタルソースさん、こんにちは。
御句拝読しました。
光景が見えますよ。きれいな五七五ですねー。
私は不勉強で、粗目がザラメのこととは知りませんでした。なんの目が粗いのだろうなどと間抜けなことを考えていましたよ。
ちょうど昨日、ザラメがまぶしてあるおせんべいを食べました。あれは美味しいですねー(笑)。

さて御句、季語の重なりや仮名遣いなどは、先の方々がおっしゃる通りです。

・煎餅のざらめのやうな霜柱

また聞かせてください!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寒き朝粗目のような霜柱」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
御句拝読しました!

いいですね、バチッと575になってます。
寒き朝、霜柱、と二つ季語がありますね。
霜柱って寒い朝に出ますよね。霜柱という季語が寒さを想像させてくれるのに、寒い、という季語を使うと、もったいないです。なので、ひとつに絞りたいですね。

暁や粗目のやうな霜柱

こんなのどうですか?

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒き朝粗目のような霜柱」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

先に出ていますが「寒き」も季語ですし、「霜柱」が出ている時点で寒いので、「寒き」は外した方がいいですね。
「朝」も不要かもしれません。「霜柱」で「朝」をイメージすることは多いはずです。そこを決心すれば、上五の五音まるごと、別のことに使えますね。

・きらめいたザラメのような霜柱
・霜柱ザラメのようにちりばめて

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋暁や和歌詠む如く鳴く猫と

作者名 卯筒 回答数 : 4

投稿日時:

冷水はストローで飲んでは美味しくない

作者名 田中喜美子 回答数 : 2

投稿日時:

ハモニカの少女に嬉し花野かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒き朝粗目のような霜柱』 作者: タルタルソース
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ