俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

こんな日は炬燵の魔法猫になる

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お題でもう一句
おそらくは賛否両論ある句になったかと思います💦

最新の添削

「こんな日は炬燵の魔法猫になる」の批評

回答者 なおじい

鳥越暁さん、こんにちは。
拙句「外人の炬燵」にコメント有難うございました。「背を丸め〜」の提案句いいですねー。

御句拝読しました。賛否両論あるかもとおっしゃるのは、「こんな日はとはどんな日ですか?景が見えないよ」というのが「否」ですか?
でもそういうのは、読み手それぞれが想像するのでいいのではないですか?
げばさんもおっしゃっていますが、寒いとか、疲れたとか、カミさんが出かけて今夜は独りとか…。

それより私も「魔法猫」というのがいるのかと悩みましたよ。何しろ、ものを知らないですから。でもここは、炬燵の魔力で、「人もコタツで丸くなってしまう」ということですよね。

私はあまり「否」が気になりませんで、このままいただきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「こんな日は炬燵の魔法猫になる」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

夕東風の句コメントありがとうございます。
「籠の魚に」で中七やわらかくなりましたー(^^♪ありがとうございます。

御句。確かに賛否両論ありそうです。
まず、読みの切れ目に迷いました。

こんな日は炬燵の魔法/猫になる
でしょうか?
こんな日は「炬燵の魔法猫」になる
でしょうか?
魔法猫という何かのゲームの言葉なのか、または造語なのかなあと思いつつ、前者で読み進めていきました。
自分が猫のように丸まってしまう、炬燵の力で、「こんな日」という日がどんな日だったかを想像させるという形はおもしろいと思います。寒い日と捉えるのもありですし、今日はまいったまいったという日としてもとれる形です。でも、やはり賛否ありそうですねー。
最初の読みに一瞬迷ったのが大きいかもです。
こんな日は炬燵の魔法で猫になる
前者の読みなら、思い切って、THE散文で中八も覚悟しちゃうかもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「こんな日は炬燵の魔法猫になる」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

面白いですね。たしかに賛否はあるかも。
上五に「こんな日は」で入りたい意思を感じますね。
「魔法」残したいのですが・・・

・こんな日の炬燵は猫になる道具
・猫になる炬燵の魔法かけられて

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春暁の攻め焚き窯はうなりあげ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

老猫はますます痩せて秋ついり

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

残る虫残されて鳴く母の墓

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『こんな日は炬燵の魔法猫になる』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ