俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ざりざりと父の生家の掛布団

作者 秋沙美 洋  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そんな感じの思い出しかありませんでした。

最新の添削

「ざりざりと父の生家の掛布団」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。秋沙美 洋様、いつもお世話になってます。

御句拝読しました。なんだか私にもこんな記憶がありそうな気がします。
ご自身の記憶ですので、私がどうこう言うのも変ですが、私もざりざりとするのは敷布団が合うと思いました。
作者の思い出ですので、直そうとかの問題ではありません。

秋沙美さんの句で、二句浮かびましたので置かせてください。

・ずつしりと父の生家の掛布団
・ざらざらと父の生家の敷布団

でも、ざりざりする掛け布団もわかります。生地によってそんな感じしますよね!ざりざり。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ざりざりと父の生家の掛布団」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。懐古の句ですね。
たまにゆくお父さんの田舎で泊まると、いつもと違う布団で、ざりざらした固い感触と父の家のにおいと、いろいろな感覚が浮き上がる布団句ですね。そのままいただきます。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ざりざりと父の生家の掛布団」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

上五「ざりざり」のオノマトべが鍵ですね。
実景なのでしょうが、「敷布団」のほうが面白そうな・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

浮き草よ何処を漂う雨の中

作者名 堀籠美雪 回答数 : 0

投稿日時:

月描き虫の音響き河流れ

作者名 流れ星 回答数 : 2

投稿日時:

借金も貯金もなくて秋晴るる

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ざりざりと父の生家の掛布団』 作者: 秋沙美 洋
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ