俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬晴の空の青さよ果てしなく

作者 ヒロちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

晴れた日の空 真っ青で何処までも続いています

最新の添削

「冬晴の空の青さよ果てしなく」の批評

回答者 イサク

こんばんは。

先に出ていますが「冬晴」=「冬の快晴」と置き換えれば
「(冬の)快晴の空の青さよ果てしなく」という、「快晴」をわざわざ説明しているという点は理解できますでしょうか?

中七下五、「かっこいいことを言おう」ではなく、何か楽しみましょう!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬晴の空の青さよ果てしなく」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ヒロさん、こんにちは。
御句拝読しました。冬の良く晴れた気持ちのいい日の句ですね。青い空がどこまでも広がっているという。

ただ、この情景は、みんな季語の「冬晴」に含まれていると思うのですよ。あえておっしゃらなくても。

そこで提案ですが、何か具体的な光景を詠んでみたら季語が生きるのではないですか?

・冬晴や東にタワー西にツリー

あまり上手くないですが、一例です。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬晴の空の青さよ果てしなく」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。なおじいさんのおっしゃる通りで、「冬晴」の季語に含むことを説明して中七下五になっています。「冬晴」というだけで、空が青く果てしないことを想像してくれるので、他のことに中七下五を使いたいですね(^^♪

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

赤い腕朱夏のしまなみ立ち漕ぎで

作者名 オマちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

木の芽風絵馬の願ひを鳴らしけり

作者名 よし造 回答数 : 5

投稿日時:

今生の別れ大泣き入園児

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬晴の空の青さよ果てしなく』 作者: ヒロちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ