俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春愁やそをつと剥がすサロンパス

作者 大江深夜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

原句は「春愁やゆつくり剥がす絆創膏」
推敲の効果の是非は如何に。

最新の添削

「春愁やそをつと剥がすサロンパス」の批評

回答者 ちゃあき

 こんばんは。シャツ一枚の男へのコメントどうもありがとうございました。ご提案の絵描きかな に変えると句の印象が随分変るものですね。勉強になりました。
 さて御句。僕もイサクさんと同じく絆創膏の方が句意が伝わると思いました。サロンパスをそおっと剥がしたことはないです。ベリベリっとやっちゃいますね。絆創膏なら経験済みです。特に子供の頃は生傷が絶えませんでしたから・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春愁やそをつと剥がすサロンパス」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

カウチの句コメントありがとうございます。
待春の斡旋褒めていただいて励みになります!
フルポン村上さんの句がやはり頭にあったのでしょう、型も発想も似通ったものになってしまいましたね(*'▽')

さて、御句。
推敲前の絆創膏だと、春愁のなんともいえない特に理由のない愁いと少し近い気がして、生傷を損なわないような動作が春の心の愁いと近さを感じたり。
一転、着地がサロンパスになると、それがうまくずれてるようにも感じますし、意外性の着地にも思えますし、肩や背中に貼ったサロンパスが肩や背中に覆いかぶさった愁いのようにも思えてとても面白く読めました。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「春愁やそをつと剥がすサロンパス」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「サロンパス」は、この句のままでは少し行き過ぎている気がしました。
「絆創膏」の方が受け取りやすいですね。そこに古傷もありますし。
でも「春愁」に「絆創膏」はありがちですかね?

「ゆつくり」はありがちな措辞で、「そをつと」の方が格段に良いと思います。

全体ではまだ推敲の余地のある句に思えました。「剥がす」も含めて。
組み合わせの妙もありますので「ゆつくり」を復活させる可能性もあるかも。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「春愁やそをつと剥がすサロンパス」の批評

回答者 よした 山月

句の評価:
★★★★★

大江さん、こんばんは

寒雀の句コメントありがとうございます。
皆さんに勉強させていただきながら楽しんでおります♪

お察しのとおり、たくさん思い感じるところが多く、それを削ぎ落としていくのに苦労しています。
それをうまく詠めておりませんが💧

これからもよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、よした 山月さんの俳句の感想を書いてください >>

「春愁やそをつと剥がすサロンパス」の批評

回答者 幸福来々

句の評価:
★★★★★

季語とフレーズが近い気がします。
歴史的仮名遣いの「お」は、語頭は「を(をとめ等)」だけど、語中・語尾は「ほ(かほり等)」が正しいです。

・『水やりはシジミ蝶起こさぬように』的な感じ
春愁の夜はサロンパスをそほつと

・季語とフレーズの近さを解消するために、季語とサロンパスを合体する
そほつと剥がす春愁のサロンパス

なんてどうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、幸福来々さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春めきて微笑みかける伎芸天

作者名 森 教安 回答数 : 5

投稿日時:

思ひ過ぐ柳は風に揺るものと

作者名 東次郎 回答数 : 4

投稿日時:

夏萩や君の面影たどる午後

作者名 かぬまっこ 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春愁やそをつと剥がすサロンパス』 作者: 大江深夜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ