俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蒸し寿司の湯気に噎せたる古都の夜

作者 大猫  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬の京都の旅を詠んだ句です。

最新の添削

「蒸し寿司の湯気に噎せたる古都の夜」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。関西なのでたまに食べますが、せいろからの香が食欲を増しますねー。
下五古都の夜と場所をおいて、少し日記感が出るのを避けるか、メインを寿司にするか。語順で印象をかえるか。

せいろより香の噎せ返るぬくめ鮓
古都の夜や香の噎せ返るぬくめ鮓

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蒸し寿司の湯気に噎せたる古都の夜」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。大猫様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。蒸し寿司。美味しそうですね!冬は暖かいものが何より。お寿司も例外ではないですね。でもその湯気に噎せてしまうというのもわかります。お酢の湯気ですからね(笑)。

私は、理論的にはどのようにお伝えしたらいいのかわからないのですが、下五が重いような、なんていうか、そんな気がしました。
曖昧な感想でごめんなさい。
提案句で感じとっていただけると有難いです。

・蒸し寿司の湯気に噎せたり先斗町

これは個人的な意見であり、「古都の夜」のほうが正当だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

学生の集るコンビニ梅雨晴間

作者名 イサク 回答数 : 11

投稿日時:

芋の露こぼれこぼれて千曲川

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 1

投稿日時:

石鹸玉終活始末肩軽く

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蒸し寿司の湯気に噎せたる古都の夜』 作者: 大猫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ