俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初雪や手摺にちょこんと雪だるま

作者 べいらふまにっく  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。
人生初俳句に温かいコメントを下さった皆様ありがとうございました。
m(_ _)m
懲りずに2作目を作ってみました。
先日の大雪の翌朝職場の階段の手摺に小さな雪だるまが乗っているのを目にして詠んでみました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

にっこりと今朝は手摺に雪だるま

回答者 小西晴菜

句の評価:
★★★★★

はじめまして、べいらふまにっく様。
小西と申します。
各地で異例の大雪だったようですね。
私は関西在住なんですが、今回は雪に出逢えませんでした。

御句、とても素敵な情景ですね。
季重なりは諸先輩方のご指摘通り。
誰かが初雪に感動して小さな雪だるまを作ったのだから、たまにしか雪に逢えない地域でしょうか。
そして、朝出勤したら、階段の手摺に、普段は見ることのない、ちょこんとした雪だるまを見つけたんですよね。
実景の雪だるまは顔無しだったかも知れません。でも、雪だるまを作った人と、べいらふまにっく様はきっと笑顔だったはず。御句を拝読した私も思わず笑顔になりました。
そこで、上五「にっこりと」とさせていただきました。
わずかなりとも、ご参考になれば幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、小西晴菜さんの俳句の感想を書いてください >>

「初雪や手摺にちょこんと雪だるま」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
二句目拝読しました!

いいですね!職場の手すりに雪だるま、発見の句ですね。
となると、初雪と雪だるま、季語重ねるのが気になります。雪だるまだけで、雪降ったのはわかりますし。省いた分何を足します?

オフィスの手摺ちよこんと雪だるま
スロープの手摺ちよこんと雪だるま

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「初雪や手摺にちょこんと雪だるま」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

べいらふまにっくさん、こんにちは。
御句、二句目拝読しました。季節をとらえて、実景をお詠みになったいい句ですね。

二点、ちょっと気になりました。
一点目の季語の重なりは、げばさんのおっしゃる通りです。
二点目ですが、「ちょこんと」。お気持ちはわかるのですが、雪だるまのあったのが手すりの上ですよね。そうなると、どう考えても「立派な」雪だるまが「堂々と」置かれているはずはなく、小さな可愛らしいものであることがわかりますよね。ですので、「ちょこんと」はなくてもいいのかと。
では、どうするか。そこで私の提案句です。

・雪だるま手摺にありて掴まれず

自分で出しておきながらいい提案句かどうか疑問ですが、「こういう見かたもあるのか」というご参考になればと思います。

三句目、四句目も楽しみにしていますね。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「初雪や手摺にちょこんと雪だるま」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

季重なりの件は了解でしょうか?
この句では「雪だるま」だけでよいですね。初雪かどうかは、句の中の光景とあまり関係がないですから・・・

「ちょこんと」が気になるのはなおじい様と同じです。

・段上る手すりに小さき雪だるま

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

意気込みてよかれの思い栗の花

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

寒冷下我暖まる缶コーヒー

作者名 のんき 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

煮転がす新じゃが芋に母の味

作者名 しお胡椒 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初雪や手摺にちょこんと雪だるま』 作者: べいらふまにっく
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ