俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

蜻蛉生るやさんざめきたる紫外線

作者 腹井壮  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆様こんばんわ。いつもお世話になります。掲載句は東京俳壇(小澤実選)没句です。たまには珍しい季語・季題に挑戦しようかと思い詠んでみました。成虫になったばかりの蜻蛉が空を飛ぶ瞬間をイメージしています。それでは御意見や添削などをお待ちしております。

最新の添削

「蜻蛉生るやさんざめきたる紫外線」の批評

回答者 やまか

紫外線がさんざめくという表現に無理を感じます。紫外線は目に見えませんし。科学的用語に擬人化をするのはナンセンスだと思います。

さんざめきたるなんて、中七全て使って使う言葉でもないと思いますし、全体的に無駄の多い仕上がりです。

点数: 7

添削のお礼として、やまかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「蜻蛉生るやさんざめきたる紫外線」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます🎵いつも添削ありがとうございます。
「蜻蛉生る」と紫外線の取り合わせですね。(^^;

🔷蜻蛉生る翅に広がる紫外線

因みに俳句ポストで「人」に入った私の句です。

🔷蜻蛉生る昼の日差しに白き岩

点数: 2

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「蜻蛉生るやさんざめきたる紫外線」の批評

回答者 塩豆

いつもコメントありがとうございます!
実際に蜻蛉が生まれる様子を見たことがない人の意見ですが、「さんざめきたる紫外線」とはどういうものなのか、私にはよくわからなかったです。
分かる人には分かる、というヤツかも知れませんが、、少々読む人を選ぶのかもしれません。

点数: 2

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜻蛉生るやさんざめきたる紫外線」の批評

回答者 寒月

腹胃壮さま

こんばんは。
先日は、ご添削くださりありがとうございました!お礼が遅くなり申し訳ございません!いろいろなバリエーションの添削をしていただきましたので、少し変えるだけでいろいろなことを読者に想像させることができるのだな!と、大変参考にさせていただきました次第です!これからも、直々投稿させてもらいますので、よろしくお願いいたします!

点数: 1

添削のお礼として、寒月さんの俳句の感想を書いてください >>

「蜻蛉生るやさんざめきたる紫外線」の批評

回答者 東次郎

腹胃壮さん、こんにちは

何時もお世話になっております
「夕焼」にコメントと添削を有り難うございましたm(__)m

私は添削は苦手なので、もっぱら作品の鑑賞に徹しますね、作者の想いを感じるのは俳句の楽しみの一つですね(^_^)V

点数: 1

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大晦日パックの惣菜皿に盛る

作者名 坊坂ひとみ 回答数 : 2

投稿日時:

みどり亀首長くして朧の夜

作者名 ちよ 回答数 : 2

投稿日時:

ひと枝にひとかたまりや寒雀

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『蜻蛉生るやさんざめきたる紫外線』 作者: 腹井壮
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ