俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ヘディングもあり校庭の初蹴鞠

作者 負乗  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「蹴鞠」と言えば下鴨神社ですが、そんな風にゴムボールで学校で遊んだ記憶があります。実に楽しかったです。
サッカー部の連中なども、軽いウォーキングアップでそんなことをしてますね…
お聞きしたいのは、ここで「初蹴鞠」の季語を使うことの是非です。

最新の添削

「ヘディングもあり校庭の初蹴鞠」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。負乗様、いつもお世話になってます。
拙句「仕事始め」にコメント、提案句有難うございました。早く来い来い、面白いですね。
さて御句拝読しました。私は最初は、校庭で本当にあの蹴鞠をやっていらっしゃるのかと思いました。蹴鞠の鞠って、結構固いと聞いていましたので、あんなものを頭で受けたらさぞや痛かろう、などと心配してしまいました。
そしてコメントを拝読。ああ、そういうことか、と安心しました。
考えてみたら、格式高い蹴鞠で頭で返すなどはしませんよね(笑)。
でもそうなると、ここで「初蹴鞠」と言ってしまっていいのかな、と思いました。そうしたら、ご自身でもそうおっしゃっていますね。

私は季語を語るには力不足ですが、ただ、「初蹴鞠」を季語としてお使いになるのは、神社とかで平安装束の方々が優雅に楽しむのをご覧になった時等のほうがよろしいかと思いました。

余談ですが、息子が少年サッカーのコーチをしており、4日に初蹴りでした。毎年恒例行事です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ヘディングもあり校庭の初蹴鞠」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

ヘディングもあり、とか力抜けて好きですねー。ただ、やはり初蹴鞠はどうなのかなあ。下鴨の蹴鞠のように、一月頭にやってる感じはないので、季節感はなく。サッカーボールでぽんぽんやってるゲームのようで、季節感漂わない問題ですかねー、そういう感想を持ちました!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ヘディングもあり校庭の初蹴鞠」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

「初蹴鞠」は儀式・行事の季語なので、遊びやサッカーの練習だとすれば、季語としては生きてこないかと・・・
(例えば遊びで、こどもだけで勝手に「運動会」をやっても季語としては???ですよね)
きちんとした季語不在ですが「初蹴鞠のごとサッカー始めかな」とかすれば季節感は出ます。

季語問題以外の点では、俳句的には、「ヘディングもあり」とルール的に説明するのではなく「ヘディングをして」「ヘディングの子や」などの方が良いのでは。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

極北の星従へて寒波来る

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

ひつぢから砲身長く家に向け

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

初蝶の白黄弱しく風に負け

作者名 04422 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ヘディングもあり校庭の初蹴鞠』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ