俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

長い目でみよう来るイブ来年も

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

長ーい目で見て人生を楽しみたい。家康のことばでは無いけれど、人生は重い荷物を背負って長き道程を歩むがごとし、焦るべからず。長き間には辛い事の連続もあるし、良い事の連続もある。長ーい目で見なければ人間万事塞翁が馬なのだ。

最新の添削

「長い目でみよう来るイブ来年も」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。明子様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。ちょっとわかりにくい句ですね。でもわかりました。今年のクリスマスイブは予定がない、または誰も来ないとかで、とにかくあまり楽しくない。けれどまあいいさ、クリスマスは来年もあるのだから長い目でみよう、という句意ですよね。

他の方のご指摘にもありますが、季語がありませんね…。「イブ」を季語のおつもりで置かれたのかもしれませんが、イブは「前夜」という意味ですので、季語ではありません。
ここはオーソドックスに「クリスマス」ではいかがですか?

・焦らずも毎年来るやクリスマス

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

秋の空映して深む湖の色

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

夏の空肥前路を行く聖火リレー

作者名 洋子 回答数 : 1

投稿日時:

ぶらんこや兄弟向かいふたり漕ぎ

作者名 まちる 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『長い目でみよう来るイブ来年も』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ