俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

落つ陽追ういやしい烏夥しい

作者  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初投稿です。な〜にも知らないので易しい言葉でご教授いただければ幸いです。
夕景色の中を空高く飛んでいく烏の群れを読んだつもりなのですが、これで伝わるだろうか、と少し不安です。

最新の添削

「落つ陽追ういやしい烏夥しい」の批評

回答者 イサク

こんばんは。はじめまして。宜しくお願いします。

とりあえず俳句を始めてみよう!ということですね。

「褒めてください」ということですが、なおじい様のしている程度にはみなさまにコメントで指摘してもらった方が、結果的には良いのではないでしょうか。

季語も気になりますが、私が気になったのは「いやしい烏」のところでした。
なぜ「いやしい」と悪く言われているのかが気になったのですが、その答えがこの句からは想像しにくいです。

たとえば「いやしい」だけ抜いて整理してみると・・・無季語のままですが、

(口語・現代仮名遣い)・落ちる陽を追って烏が夥しい
(文語・歴史的仮名遣い)・落つる陽を追ひて烏の夥し

文法の話は私も専門家ではありませんので・・・いまどきインターネットに大量に流れていますので、ご確認を。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「落つ陽追ういやしい烏夥しい」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

石さん、こんにちは。初めまして。御句の感想と提案句を置かせていただきます。
褒めてください、とのことですので、そのようにさせていただきます。
御句、いい光景をお詠みになりましたね。童謡の夕焼け小焼けの世界ですね。
私も初心者ですので偉そうに言えませんが、最初から一緒に見ていきましょう。
形としては、五七五。下五が字余りですが、なんとかなりそうですね。あとは季語ですが、これは後でお伝えします。
まず、「落つ陽」。これは「落ちる陽」、落陽のことですね。「落つ陽」ではなく、「落つる陽」が正しいと思いますよ。
次に「追う」。これは落ちるを落つると文語体で表すなら、「追ふ」かもしれません。次に、烏を「いやしい」とおっしゃっていますが、なぜなのかがわかりませんね。そもそも「いやしい」と思うのは作者である石さんの個人的感情であり、あまり俳句にはそぐわないですね。
また、「烏」は、烏だけでは季語になりません。寒鴉、夕鴉など、一文字付けて季語になりますね。
下五の「夥しい」。これも微妙なところですが、客観的な描写とも取れますので大丈夫かもです。

私としましては、次のようになさったらいかがかと思いました。

・落つる陽を追ふが如くや寒鴉
・夕鴉その群れの影夥し

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「落つ陽追ういやしい烏夥しい」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
はじめまして!

御句、拝見しました。俳句を始めようとされてるのでしょうか?
いいですねー。楽しいですよ。
伝えたかったことは全部なおじいさんがおっしゃってくれてます😏

あとは、
落日に烏がいたという光景は届いていますが、肝心の届けたい趣はなんだったのでしょう。いやしき、夥し、と烏をマイナスなイメージで形容してるところを見ると、夕方の烏は嫌だなあ、いやしいし、という感じが届きましたが、それで合ってますか?
私なら
落日を追ふかのごとく寒鴉
として、後は読み手がどう感じるか、想像に託したいので、いやしい、とか主観は入れなくて良さそうですね。
落日を追ふ寒鴉二つ三つ
枕草子みたいになりましたねー、あちらは夏鴉ですが😆
として、

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

走梅雨道悪逃げる五馬身差

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 5

投稿日時:

白を着たゴスペル隊や初夏の風

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

マーキングし残るは一人夕焼けの子

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『落つ陽追ういやしい烏夥しい』 作者:
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ