俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の山涙昇華し雪となる

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

水が水蒸気になって昇華し、結晶となって降る雪のように、涙も水蒸気となって昇華し、結晶となり雪として降るのでしょうか?初雪はそんなしょっぱい味は消えていてわからなくなっているものなのでしょうか?

最新の添削

「冬の山涙昇華し雪となる」の批評

回答者 なおじい

堀籠美雪さん、こんにちは。御句の感想と提案句を置かせていただきます。

御句、先にもコメントが置かれていますが、季語が二つになっています。ここでは特に「冬の山」にこだわらなくてもいいと思います。「雪」は消せないですし。

私は次のように提案句を考えました。

・雪の花わが昇華せし涙かな

今一つです。他の方もお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬の山涙昇華し雪となる」の批評

回答者 ダック

句の評価:
★★★★★

堀籠様
こんにちは。「愛犬と・・」にコメント頂き有り難うございます。
御句を読んでの感想句です。
幸せに涙する窓雪明かり

点数: 1

添削のお礼として、ダックさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

古茶の筒振ればかすかの音すなり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

しかられぬ豆まくねえに不思議がお

作者名 北あかり 回答数 : 2

投稿日時:

一頭の蝶のまつはる野道かな

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の山涙昇華し雪となる』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ