俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

消えさうで消えぬ命や冬の山

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬山で暮らしているいろんな生き物たちのことを思って作りました。どうぞよろしくお願いします。

最新の添削

「消えさうで消えぬ命や冬の山」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。ちゃあき様、いつもお世話になってます。
御句、一覧に並んでいる時点から、なんだか重そうなテーマだったので自然と後回しになり、今ようやく開いてみました。他の方のコメントも。
なるほど、そういうことですね。ちゃあきさんは優しいですねー。冬山の生き物たちを思いやっているのですね。
私はまた、悩みを持った人が凍死/遭難したくてわざと冬山に入るのだけど、なかなか死にきれないとか、あるいは死にそうだとかのそんな重い話かと思っていました。よかった(笑)。

ちゃあきさん、ご心配しなくても、山の生き物は冬になったからといって、死に絶えたりしませんよ。みんなそれなりに冬を乗り越えます。もっとも、ちゃあきさんもそれはご存知だから、「消えそうで消えぬ」とおっしゃっているのだと思います。でもやはり、ちょっと抽象的で誤解を招くかもしれませんね。私みたいに(笑)。   

こんなのはいかがですか。

・生き物の眠る季節や冬の山

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「消えさうで消えぬ命や冬の山」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。今回は光景に悩みました。コメントのような生物の命には行けず、病床の虫の息の峠ごえの白いベッドと、窓から見える冬ざれた山の景になりました!

冬山や草木はふかく根をのばし
冬山の力を貯めるいのちかな

うーん、目に見えないことを詠んでるのが難しい、、。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「消えさうで消えぬ命や冬の山」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

上五中七は「冬山にも生き物がいるはず」という理屈が先行してしまっているのでは。
それを大雑把に表現しようとして、結果、げばげば様の言うような誤読のある句になっているのだと思います。

(もっと理屈っぽく言えば「死ぬ生物も生き残る生物も生まれてくる生物もいて、トータルでは消えない命」というのが御句の上五中七では表現しきれていません。「消えそうで消えぬ命」とは「死にそうで死なない命」に感じますので・・・)

・生き残る命のありて冬の山

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風鈴の音に吾が子の読書声

作者名 孫春艶 回答数 : 4

投稿日時:

おのこでも桃の実食べてピーチピチ

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 4

投稿日時:

十に七つってどういう意味ですか

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『消えさうで消えぬ命や冬の山』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ