俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

予定表まだ埋まらずや十二月

作者 ヒロちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

はや12月  あれもけれもする事が多く まだ予定がたっていません

最新の添削

「予定表まだ埋まらずや十二月」の批評

回答者 森本可南

予定表いまだ埋まらず十二月

リズムのよさだけで、作ってみました。

はじめまして、ヒロちゃんさん。鷹司です。挨拶もなく
先に句を書いてしまって、ごめんなさい。
こうしないと、すぐ忘れてしまうんです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「予定表まだ埋まらずや十二月」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。なおじいさんとまったく同じ感想でした。
埋まらないを強調してカットを切っていくなら、12月じゃなくて、毎年なら忙しいという感じを出す「師走」の方が良いかなあと、そして、カットを切らずに師走を「かな」で詠嘆したいなあと。
ということで、なおじいさんの1個目の提案句に賛同です。
予定表埋まらぬままの師走かな

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「予定表まだ埋まらずや十二月」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ヒロさん、こんにちは。御句の感想と提案句を置かせていただきます。

年末は色々とやらなければいけないことは多いけれど、予定表は埋まってないという状況ですね。なんだか焦りますよね。

私としては、「まだ埋まらずや」という中七に、ちょっと違和感をもちました。理論的にこうだからいけない、と言えなくて申し訳ないのですが、言い換えはたくさん思いつきます。それを提案句とします。

・予定表埋まらぬままの師走かな
・予定表まだ埋まらずに十二月
・予定表真白なままの十二月

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「予定表まだ埋まらずや十二月」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

先に出ているお二方とだいたい同じなのですが、
上五中七「予定表が埋まらない」という報告文になっていることの報告・説明感が気になります。

動詞の終止形+「や」も難しい形だと思います(ないわけではないと思います)。
「十二月の予定表」なので、「や」で切らない方がいいかも・・・

「埋まらない予定表」という「モノ」を描写した方が良いと思います。
描写になっているのは、なおじい様提案の一句目、三句目だと思います。

下五を「師走」にするか「十二月」のままかは、上五中七次第ですね・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

炎天や吾の影みちに染みつきぬ

作者名 感じ 回答数 : 7

投稿日時:

山麓に信号待ちの猪よ

作者名 はちゃ 回答数 : 1

投稿日時:

大阿蘇を馬千頭の花野かな

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『予定表まだ埋まらずや十二月』 作者: ヒロちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ