俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

直筆の手紙沁み入る秋の月

作者 虎馬  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

友人から送られた直筆のメッセージを読んで、久しぶりに人の優しさに触れた月夜を詠んだ句です。

最新の添削

「直筆の手紙沁み入る秋の月」の批評

回答者 なおじい

虎馬さん、こんにちは。御句の感想と提案句を置かせていただきます。

感想は先のお二人と同じです。沁み入るというお気持ちはよくわかるのですが、俳句では沁み入ると言わずに沁み入る気持ちを表わしたり、丸ごと季語に預けたりします。

私の提案句は、感想がお二人と同じですからどう頑張っても同じ提案句しか出てこない。
でもそれではつまらないので、角度を変えてみました。

・友からの手書きの文や秋の月

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「直筆の手紙沁み入る秋の月」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
2句目拝読しました!

御句。メールLINEの時代に、直筆の手紙というのは、身に染むものがありますね。その気持ちを染み入ると書かずに、「秋の月」という季語の力だけで、あー、しみじみとその手紙をよんでいるのだなあとそこはかとなく読み手に想像させることができるのが、俳句のおもしろいところです。
直筆の友の手紙や秋の月
これで読む人は、詠者がどんな気持ちで手紙を、そして月を眺めているのだろうと想像してくれます。遠くにいる友人もこの月を見ているのだろうかと思いを馳せているようにも読めます。いかがでしょう。

点数: 2

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「直筆の手紙沁み入る秋の月」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
お名前を変えられたのでしょうか?

げばげば様の説明にほぼ同意です。
「直筆の手紙」と「秋の月」の取り合わせは良いと思います。
「沁み入る」と心情を説明的に書かずに、「(手紙を受け取った人は)しんみりしたんだな」「感動したんだな」と読者に思わせるようにしたいところです。

提案する句はげばげば様と一文字違いです。

・直筆の友の手紙へ秋の月

助詞一文字の違いも、句の受け手の受け取り方に影響しますので、いろいろ考えてみてください。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝寒のソフトクリームサインかな

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

褌に扇片手の苦学生

作者名 白南風や 回答数 : 3

投稿日時:

池の水春はうつるよ目の如し

作者名 三角すい 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『直筆の手紙沁み入る秋の月』 作者: 虎馬
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ