俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

侘助の朱をみっつさす青備前

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬の色のような青備前焼にいけられた赤い侘助の花を詠んだ句です。

最新の添削

「侘助の朱をみっつさす青備前」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

侘助の朱、という言い方が少し気になりました。チューリップの赤を挿す、というかなあ、わりと自然な措辞なのでしょうか?朱き侘助、の方が自然かなあと。

青備前みつつの朱き侘助を

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「侘助の朱をみっつさす青備前」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卯筒様、いつもお世話になってます。
御句、「侘助」はなんとも風流な花であり、名前ですよね。
子供の頃、近所に「侘助」という店があり、読めなくて親に聞いたら「わびすけ」だと。「変な名前…」などと思っていました。小料理屋のような店でしたが、いま思えば風流な名前でした。
さて御句、風流に加えて青備前と、もはや茶室の景色だと思いますが、「さす」という動詞がどうなのかなと思いました。今まさに活けている、その動作を表したい、ということかもしれませんが、俳句としては、その結果の状態をお詠みになったほうが馴染むのでは、と思いました。

・侘助の朱三つあり青備前

「朱」は「あか」です。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏嵐夜半に吹かぬものかはと

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

半袖の腕に冷んやり今朝の秋

作者名 水越里絵 回答数 : 2

投稿日時:

球春到来耳に残る母の声

作者名 北あかり 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『侘助の朱をみっつさす青備前』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ