俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

枝先のひとつ枯れ葉やラストスパート

作者 小西晴菜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ほとんど葉が落ちた樹木に、明らかに枯れているのに落ちずに残っている葉を見かけることがあります。
通りすがりに見ると、わびしげだな~と感傷的にとらえますが、自分がジョギングや作業中だと、「粘り強く頑張ってるのがいる、根性あるなあ」と感心して、「自分もあと少し頑張ろう」などと思います。

最新の添削

「枝先のひとつ枯れ葉やラストスパート」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。小西晴菜様、いつもお世話になってます。

御句、なんとなくイメージが、つかめたようでわからないようでいました。それは、誰が何のためにラストスパートするのかがわからなかったからです。おそらく、木が、冬を迎えるために早く全部の葉を落としてしまえというラストスパートだろうと思って、コメントを拝読。
全然違いました。逆でした。スパートするのは作者でした。

それであれば、ベタですが、このような句はいかがでしょうか。

・しがみつく枯葉私も頑張るよ

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「枝先のひとつ枯れ葉やラストスパート」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

作風がこれまでと違いますね?

下五「ラストスパート」が自分(作者)のことだとはちょっとわからないのでは。
「枝先の枯葉がラストスパートする」という風にとれます。受け手はそこから「枯葉のラストスパートってなんだ?」と意味を推測していくという・・・

コメントでも「ほとんど葉が落ちた樹木に、明らかに枯れているのに落ちずに残っている葉」⇒「粘り強く頑張ってるのがいる、根性あるなあ」⇒「自分もあと少し頑張ろう」と、説明にこれだけ文章量を使っていますから・・・本気で伝えようとすると、十七音ではとてもとても。

何通りか考えていましたが、私としては「ほぼ枯葉だけの描写」がいちばんすんなり来て、自分(作者)の気持ちは受け手に想像させる方向かな・・・と思いました。

・枝先の枯葉に落ちぬ気持ちかな
・枝先の枯葉はいまだ落ちぬなり

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「枝先のひとつ枯れ葉やラストスパート」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

小西晴菜様
はじめまして。今晩は。最後に一枚残った枯れ葉を気にとめられるのは心の細やかな方だなあと思いました。それを見て、前向きに頑張ろうと思えるのは良いですね😊それから感想句ありがとうございます。励みになります。これからもお粗末な句ばかりでお恥ずかしいですが、推敲重ねますので、どうぞ宜しくお願い致します🙇

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

稲扱きのマスクの中も粉塵や

作者名 04422 回答数 : 4

投稿日時:

入学や友に机に先生と

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

友は伊勢朔日参りで朝粥

作者名 友也 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『枝先のひとつ枯れ葉やラストスパート』 作者: 小西晴菜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ