俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

はらはらと蝶の舞うごと銀杏散る

作者 ヒロちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大木の銀杏の葉が 散る様子を詠みました

最新の添削

「はらはらと蝶の舞うごと銀杏散る」の批評

回答者 森本可南

ひらひらと蝶の舞うごと銀杏散る

私は、蝶の様子と銀杏の葉の散る様子が似ていると作者はいいたいのだなと思い、こんな、オノマトペをつかいました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「はらはらと蝶の舞うごと銀杏散る」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

ヒロちゃん様の中では、蝶は「はらはらと舞う」ものなのでしょうか?

多分ですが、「はらはらと」と「蝶の舞う」のは別ではないですか?
それが両方「銀杏の散り方」として詠まれていて、どっちの映像で風景を想像すればいいのかちょっと混乱します。

「はらはらと」ならば「はらはらと」に近い比喩を、「蝶の舞う」にこだわるならば「蝶の舞う」ようなオノマトペを、使うと良いと思いました。

・はらはらと紙めくるやうに散る銀杏
・ふらふらと舞ふ蝶のごと銀杏散る

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「はらはらと蝶の舞うごと銀杏散る」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

ヒロさん、こんにちは。御句の感想と提案句を置かせていただきます。

御句、いいですね。私もこのように感じることありますよ。家の近所に銀杏並木があり、そろそろきれいな黄色に色づいてきました。その葉の落ちる様は、たまに冬の蝶のように思えるときがあります。

ただ、はらはらという形容が当てはまるかどうかは微妙ですね。はらはらは上から下への動きしか形容しておらず、それが複数連続しているように思います。

私が蝶のように思える時は、風のせいか、落ち葉が「寄り道をする」のです。

・蝶の舞ふごとく黄金の銀杏散る

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大絶叫富士マシーン桜縫う

作者名 ろっこ 回答数 : 0

投稿日時:

電気光犬の息茶色し照らされて

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

初蝶の不意にあらはれ消えにけり

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『はらはらと蝶の舞うごと銀杏散る』 作者: ヒロちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ