俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

幼子のラッセル誘ふ枯葉かな

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 幼子は歩道の端に吹き溜まった枯葉を蹴散らして歩くのが好きでした。

 ポストの初級者で金曜日掲載が目標です。入選したけど自分でもよくわかりません。
 蓑虫や耐震技術悠久に

最新の添削

「幼子のラッセル誘ふ枯葉かな」の批評

回答者 はや

この句よく分かります!
小さい子どもはたいていやりますよね。
ずりずりと足で蹴りながら押していく様子、まさにラッセルですね。いい表現!
幼子のラッセル出動枯葉かな
中八になってしまいました…。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「幼子のラッセル誘ふ枯葉かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、拝読しました。
幼子のラッセルがコメントのように溝を掻きだす比喩とはわからず、雪の光景を思い浮かべてしまいました。幼子のラッセルなのか、幼子がラッセルを誘うのか、も迷ったところです。
幼子がラッセル車の前で先導するかの様子を思いうかべてしまいました。
ラツセルのごと幼子の蹴る枯葉

ポスト木曜で、あ、あつこんさんや!と発見しました。法隆寺五重塔の蓑虫をイメージしました。今もスカイツリーなどで残される耐震技術が悠久に五重塔に残されているようなイメージでしょうか、そのころから何百年もそこにあるような塔、まるで何年もそこにあるような蓑虫、そんな永い時間と今一瞬の目の前の塔と蓑虫と。そのように読みました、素敵な句です、句意が違ったらすいません。
正人先生の俳句ポスト金曜日の句を洗いざらい拝読していると、わりと「陰」っぽい句とか「懐古」の句がお好きなのかなあと思ったり。初級ちゃうやんっていう、ばりばり秀句だらけですよねー(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「幼子のラッセル誘ふ枯葉かな」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。入選おめでとうございます。

先にげばげば様からありますが、上五から順に読んでいったときに、ん?と思う要素がちらほらありますね。

内容の方も、「幼子がラッセルのように遊んでいる」⇒「枯葉が幼子のラッセルを誘っているんだ!」というのは、俳句としては理屈っぽく感じます。
コメントどおり「遊ぶ」方で行きましょうか・・・

・幼子のラッセル遊びして枯葉

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「幼子のラッセル誘ふ枯葉かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。
あつこんさんも、何やら受賞なさったようで、おめでとうございます。皆さんすごいですね。

御句、私は落葉をわざわざ蹴散らして歩く子どもたちの景色が、見えました。子どもたちにいわせると、「だって、そうしろというみたいになっているんだもん」という感じです。「誘われて」は言い得て妙だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

義父用の日向ぼこ椅子今は夫

作者名 中村あつこ 回答数 : 0

投稿日時:

夏の午後網持つ子らの喜びの声

作者名 ナマエツケテヨ 回答数 : 3

投稿日時:

心なき書きこみひとつ冬薔薇

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『幼子のラッセル誘ふ枯葉かな』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ