俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

棺に添う籠のほたるの灯りかな

作者 輝久  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

通夜も更けて身内だけの葬祭場です。
幼子が蛍篭を棺の傍に置いて寝入っています。

最新の添削

「棺に添う籠のほたるの灯りかな」の批評

回答者 塩豆

いつもお世話になります!
上品でどこか切ない雰囲気を醸していると思います。しかし腹胃壮の言う通りやや情報多過な気もします。私ならばさらにさらに焦点を絞り、「棺×蛍」と「棺×幼子」の取り合わせの俳句をそれぞれ二つ作ってしまいます。(つまり、「棺×幼子×蛍」は諦めるということです。少し難しい気がしますので…。)
棺×蛍で一句私も拵えてみます。文字数の関係で棺を布張棺にして

布張棺蛍火のよく滲む晩

などとします。本来の句意から少し離れてしまったかもです。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「棺に添う籠のほたるの灯りかな」の批評

回答者 腹井壮

輝久さん、おはようございます。いつもコメント有り難うございます。お通夜と蛍の取り合わせは割りとよくありますし柩(葬儀)と蛍籠(夜の時間情報)の二つで読者はお通夜を想像します。ですから情報を整理して描写してみたいと思います。

幼子の寝顔柩に蛍籠

私の好みではありますがこれ位に情報量を抑えたほうが一瞬を詠みとれるような気がします。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風涼し生け花を手に帰る夜

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

足許に霧まとはせてゴジラ来る

作者名 長谷機械児 回答数 : 3

投稿日時:

垂れ糸にふわり春風潮香る

作者名 あかんさす 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『棺に添う籠のほたるの灯りかな』 作者: 輝久
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ