俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

写真くべ情炎焚き火落涙す

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

なおじいさんの
『時ならぬ焚き火の理由古手紙』を拝見したさいに、過去の記憶が思いおこされました。
若さゆえに感情的で思いやり足らず
そんな結果のほろ苦い思い出です。

提案句ではありませんが、お礼方々記させていただきます。
なおじいさん、ありがとうございます。

メラメラと写真燃えゆく焚き火かな

これはただの動作でしょ?!
となるのか、メラメラ➡️写真➡️焚き火で
見たかたの想像力にうったえるということになるのか?!
悩みましたが、情念が怖そうなのでやめました💧

最新の添削

「写真くべ情炎焚き火落涙す」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

俳句が叙景であるということであるなら、俳句っぽいと思えるのは、イサクさんがおっしゃる通り、「メラメラと写真燃えゆく焚き火かな」の方が俳句っぽいと私も感じます。情炎とか落涙とか言わずにその涙の気持などを想像できるものにしたい気もします。
オノマトペも、意外性がないとなかなか難しいですよねー。
一片の写真燃えゆく焚火かな
ちょっと哀愁が出ないかなー。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「写真くべ情炎焚き火落涙す」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

・写真くべ情炎焚き火落涙す
・メラメラと写真燃えゆく焚き火かな

比較したときに「俳句っぽい」と私が感じるのは後者「メラメラと」ですね・・・
擬態語「メラメラ」など若干、こどもっぽい表現ではありますが・・・
・めらめらと写真跡形なく焚き火

前者「写真くべ」は「焚き火」の句ではないように思います。
うまく五七五に収まっていますが、焚き火という単語を使った自身の句・・・
特に「情炎」「落涙す」の重ねがけの言い過ぎ感が大きいです。
・写真くべ情炎くべて燃ゆ焚き火

あるいは逆に「落涙」生かしで「情炎」を省略。
・落涙す焚き火に写真くべるとき

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「写真くべ情炎焚き火落涙す」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

よした山月、こんにちは。御句の感想と提案句を置かせていただきます。
なんだか拙句が創作のきっかけになったようで、嬉しくもあり、申し訳なくもありです。

御句について、文句ばかり言って申し訳ない気がしますが、やはり少し言わせてください。

「写真くべ情炎焚き火落涙す」

感情が言葉を過大にしてしまっています。
例えば、「写真くべ」。私は「古手紙」とは詠んでいますが、くべているとは言っていません。読書の想像に委ねています。
「情炎」。石川さゆりか坂本冬美とかが出てきそうな演歌の世界です。
「落涙す」。悲しくても泣いてはいけません。ていうか、そんなにストレートに言ってしまっては逆に詩情が消えてしまいます。

そもそも季語である焚き火がどこかへ行ってしまい、あるいは隠れてしまって、妙な情念とか未練とか、そういうものが渦巻く句になっています。

ここは俳句ですから、景色を切り取りましょう。私も得意ではないですが、一緒にやってみましょう。

提案句ですが、

・思ひ出も煙となりし焚き火かな

あ〜、ベタだ〜。すみません。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

我が星の丸きを知るや凪の春

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

いくつかの落葉貼りつきマンホール

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

しばらくは積みたるままの冬菜かな

作者名 あつこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『写真くべ情炎焚き火落涙す』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ