俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

菜を割く祖母の手に触れ天仰ぐ

作者 よした 山月  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

白菜は入れ込めず、季語もなし
力不足、推考不足はもうご指摘されるまでもないところだとは理解はしているのですが

一緒に過ごした白菜漬の想い出を、なんとか読んでみたくて
自分の熱量だけで上げたくなってしまいました。

ひび割れ、あかぎれたガサガサな祖母の手は
仕事でいない母がわりに
擦りむけば消毒し薬を塗り、ぶつければさすってくれる
実は固くも心には柔らかい手でした。

皆さまが手を加えてくださると
どんな風にこの句は生まれ変わるのだろうかと手前勝手に想像しております。
厚かましくてすみません。

最新の添削

「菜を割く祖母の手に触れ天仰ぐ」の批評

回答者 なおじい

よした 山月さん、こんにちは。
それでは私も色々言わずに提案句だけ置かせていただき失礼します。

・白菜を漬ける祖母の手温かく

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

愛猫の墓標かぎろふ日和かな

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 6

投稿日時:

自販機のホットコーヒー懐炉かな

作者名 豆柴 回答数 : 1

投稿日時:

弁当をぶら下げ蜂のピクニック

作者名 鳥越暁 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『菜を割く祖母の手に触れ天仰ぐ』 作者: よした 山月
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ