俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白菜を日陰に並べ計る塩

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 これからの時期、白菜のお漬物は欠かせませんね。

最新の添削

「白菜を日陰に並べ計る塩」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。
あつこんさんのご投句のスピードに老人は追いつけず、なんだか間の抜けた感想や提案句になってしまいそうですが、本句のご投句はまだ二日前!私などはまだ白菜の句を詠んでいませんよ。早くしなければ。

というわけで御句です。
イサクさんがコメント置いていらっしゃるので、その通りなのですが、私からも、自分の勉強兼ねてお伝えします。

「白菜を並べて塩を計る」と、動詞が二つ続いていますよね。主語が異なると俳句がわかりにくくなりますが、どちらもあつこんさんの動作であり、それは大丈夫です。
ただ、動詞が続くとどうしても説明的になりがちです。段取りみたいというか、報告みたいというか。
そもそも、俳句は情景描写の文学であって、動作の報告や心理/感情の描写ではないようです(自分に言ってます)。
ですので、頑張って考えたのが次の提案句です。

・白菜の並べられたる納屋の陰

・白菜の塩振られたる樽一つ

私は動作や心理、感情を入れたがるタイプですので、上記のような句は人さまの提案句でないと作れません(笑)。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「白菜を日陰に並べ計る塩」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

御句の問題は、普通の文章(散文)であることでしょうか。
「白菜」で始まっていますが「漬物を作るための準備」の句になっています。上五が「大根を」などでも成立してしまいます。
「○○を作ること」(御句では「漬物をつくること」)というのは、どうしても時間の経過や段取りの順序を含み、報告文っぽくなりがちです。
白菜に対して一瞬を切り取るか、他の物と取り合わせることを、俳句としてはお勧めします。
例えばの提案句です。

・白菜の押し込まれたる樽のある
・白菜や買い置きの塩取り出せり

なお「日陰」は夏の季語ですが「夏の太陽を避けて入る日陰」ですので、御句ではまあ季重なりとは言えないでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「白菜を日陰に並べ計る塩」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。
あつこんさんのご投句のスピードに老人は追いつけず、なんだか間の抜けた感想や提案句になってしまいそうですが、本句のご投句はまだ二日前!私などはまだ白菜の句を詠んでいませんよ。早くしなければ。

というわけで御句です。
イサクさんがコメント置いていらっしゃるので、その通りなのですが、私からも、自分の勉強兼ねてお伝えします。

「白菜を並べて塩を計る」と、動詞が二つ続いていますよね。主語が異なると俳句がわかりにくくなりますが、どちらもあつこんさんの動作であり、それは大丈夫です。
ただ、動詞が続くとどうしても説明的になりがちです。段取りみたいというか、報告みたいというか。
そもそも、俳句は情景描写の文学であって、動作の報告や心理/感情の描写ではないようです(自分に言ってます)。
ですので、頑張って考えたのが次の提案句です。

・白菜の並べられたる納屋の陰

・白菜の塩振られたる樽一つ

私は動作や心理、感情を入れたがるタイプですので、上記のような句は人さまの提案句でないと作れません(笑)。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬帽子框に置きて帰宅とす

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

颯爽と裾捌く僧盆の入

作者名 石川さとみ 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

愛伝えられたらいいな天の川

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白菜を日陰に並べ計る塩』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ