俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

穭田のなかをことこと一輌車

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

田のなかを樽見線が。

最新の添削

穭田の中とことこと一輌車

回答者 負乗

こんばんは。
「穭田」は"ひつじだ"と読むんですよね…知りませんでした。
「とことこ」は、好きですね。
「なかを」が、がちょっと鬱陶しいですかね…
私の感覚で変えてみました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「穭田のなかをことこと一輌車」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、素敵な光景ですね。久田さんの地域であれば、高岡の万葉線でしょうか?豊橋でしょうか?
稲田が風になびくより、刈田やひつぢ田の方が風情を感じたりしますねー。
「なか」はやはり必要でしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬時雨コイン入れれば泣き止まん

作者名 堀籠美雪 回答数 : 2

投稿日時:

色失せし挙動不審な月笑ふ

作者名 三日酔いの防人 回答数 : 4

投稿日時:

夕風や小さく揺れて苜蓿

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『穭田のなかをことこと一輌車』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ